【海外旅行】世界観・人生観・価値観は変わる?変わらない?旅先での10の気づき

アラブのアラビア砂漠
  • URLをコピーしました!

海外旅行では世界観や人生観、価値観が一瞬で崩れるような体験が待ち構えています。その一方で外国を旅して「世界観・人生観・価値観が変わった」という声もあれば「何も変わらなかった」という声もあります。その変化は人それぞれ……ただ、異国の地だからこそ気づけることがあるのも事実です。

今回は海外旅行で世界観・人生観・価値観は変わるのか変わらないのかを調査しました。ここでは旅先での10の気づきも共有いたします。併せて海外で自分を変える方法もまとめるので「自分を変えたい」と思っている方にもお読みいただけますと幸いです。

はるまる

旅は人生を変える……大袈裟かもしれないけど、それほど衝撃的な出来事と遭遇するのも外国ならではのこと。

ぴちどん

この記事では「世界観・人生観・価値観は変わるのか変わらないのか」「旅先での10の気づき」をまとめるよ!

目次

1.海外旅行での世界観・人生観・価値観の変化

アイスランドのレイニスドランガル

まずは海外旅行での世界観・人生観・価値観の変化をまとめます。

世界観・人生観・価値観の変化
  • 世界観・人生観・価値観が急激に変わることはない
  • 旅を通して新たな気づきが得られることはある

よく「海外旅行すると人生が変わる」という話を目にします。しかし、世界を旅して生き方・考え方が180度変わってしまうということはない……と思います。

何十カ国と旅をしてきた管理人も大して変わっていません。ネガティブでチキンなところは相も変わらず、何に対してもずっと臆病なままです。まさに人生そのものの遭難者、未だに迷子と漂流を繰り返す方向音痴もとい人生音痴です。

映画やドラマの中には「自分探しの旅に出る」なんて物語もありますが、今まで見つからなかった自分がたった一度の旅で本当の自分に出会えるはずもありません。そもそも今まで生きてきた自分も決して偽物の自分ではありません。

その一方で旅を通じて新しい気づきが得られるのも事実です。人生が劇的に変わることはなくとも新たな発見もあるのが旅というものです。むしろ自分とじっくり向き合う時間ができる分、旅の中で今まで出会ったことのない世界観や人生観や価値観に気づくこともあるでしょう。

まだ見ぬ世界への旅立ちは自分を変えるきっかけを与えてくれるはずです。

はるまる

飛行機に乗るだけでビクビクしていた僕も今では立派な海外旅行狂。

ぴちどん

人生に無駄なことなど1つもない。旅の1つ1つにも何かしらの意味がきっとあるはずだよ。

2.旅先での10の気づき

モロッコのシャウエン

ここからは旅先での10の気づきをまとめます。

旅先での発見
  • 自分を変えてくれる
  • 他人と比べなくなる
  • 交流を広げてくれる
  • 視野を広げてくれる
  • 自信を持てるようになる
  • 理想の生き方が見えてくる
  • 物事の考え方が改められる
  • 日本の素晴らしさに気づける
  • 海外の面白さに気づける
  • 世界が遊び場になる

旅に出る前の管理人はただの臆病者でした。出汁を取れば美味しいラーメンが作れるほどの道産子チキンというくらいに……ただ、世界を旅して気づけたことが無数にあります。人生の財産と呼ぶには大袈裟ですが、旅で得た気づきが過酷な人生を歩む上で役に立っているのも事実です。

もちろん、世界を一周しようが大陸を横断しようが大洋を縦断しようが何も変わらない人もいます。ただ、旅で人生が一変してしまうような人もいます。僕自身、未知の世界を歩いて気づけたことも数知れず……世界観や人生観や価値観が変わるというより、自分の人生が旅の中で変わっていく感覚に近いかもしれません。

1.自分を変えてくれる

世界に飛び出すと「こんなの初めて///」と思うような瞬間に度々出会います。息を吞むような絶景や美しい世界遺産、手つかずの秘境……どれも自分を変えるには十分な要素です。中には信じられない光景を目撃することで今までの世界観や人生観、価値観が吹き飛ぶこともあるくらいです。

それだけでなく日本とは異なる歴史や文化にショックを受けることもあるでしょう。

未知の体験をする度に新しい自分が顔を覗かせます。未曾有の体験が自分の中に流れ込むことで、自分すら知らなかった自分に出会えます。自分探しの旅なんて歯の浮くような言葉も、自分の足で異国の地を歩けばきっと実感に変わるはずです。

見知らぬ異国の匂いや現地の人々の営み、同じ時間軸を生きているはずなのにまるで違う世界……その先でふと何かが変わる音が聞こえてくるかもしれません。果てしなく続く旅に身を委ねて自分と向き合えば、きっとその些細な変化にも気づくのではないでしょうか。

変われるかどうかは自分次第です。

2.他人と比べなくなる

現代社会は他人と比べてしまう場面がいたるところに潜んでいます。SNSではマウントの嵐、ネットニュースでは誹謗中傷、仕事やプライベートでは止まらぬ嫉妬……人の目も気にしてしまいがちです。

それだけでなく世間体という厄介者も見え隠れします。日本は恥の文化ということもあり「こうするべき」「ああするべき」という無言の圧力が社会全体を覆い尽くしています。「なんで私はあの人と比べて……」と理想と現実の狭間に泣きたくなる夜もあるでしょう。

ただ、そんなもの気にするだけ無駄です。他人が自分をどう思うかなど自分ではどうすることもできません。もちろん、他人と比べたところで自分が惨めになるだけです。

逆に、世界を旅していると他人のことなど気にせず自分らしく生きる人にも出会います。ありのままに生きる人を見ていると他人と比べることがいかに不毛なことなのかに気づかされます。むしろ、目の前に広がる世界を自分自身がどう感じるのか……それこそが人生で最も大切なことなのではないでしょうか。

自分と他人を比べる行為は自らを追い込む最大の侮辱です。

3.交流を広げてくれる

海外旅行は交流の輪を広げてくれます。管理人も旅を通して出会った人との思い出は忘れられません。

訪れた国で触れ合った人のことは今でも鮮明に覚えています。海外旅行の写真を見返す度「あの人は元気にしてるかな」と昨日のことのように思い出されます。それくらい旅先での出会いは記憶に焼き付くものです。

まさに旅の出会いは一期一会、もしかしたらその出会いが人生を思わぬ方向に導いてくれるかもしれません。

4.視野を広げてくれる

旅をすることは視野を広げることに通ずる……どこかの偉人も言ったとか言わないとか。実際に日本にいるだけは見えないものが世界を旅することで見えてくることもあります。逆に毎日同じことの繰り返しでは視野も狭くなりがちです。

世界中に十人十色の人生があって、小さな感動に胸を打たれたり大きな衝撃に腰を抜かしたり……一方向からでは見えないことばかりです。その手の人生を変える出来事を見通せるような視野の広さが養われるのも旅の醍醐味と言えるかもしれません。

未知の世界で刺激を受けるほど、自分だけの感性が磨かれていくはずです。それはやがて自分という世界そのものを広げることに繋がるでしょう。

5.自信を持てるようになる

どんな人生が正しくてどんな人生が間違っているのかは誰にもわかりません。それこそ死ぬ直前にならないとわからないかもしれません。ただ、1つだけ明確なことがあります。それは自分の人生は他人が決めるものではなく自分自身で決めるものだということです。

世界を旅するのも同じで、どこに行くかも自分次第、何をするかも自分次第です。

これこそが「人生=旅」とされる所以なのかなと思います。自分にしか歩くことのできない人生……その道を一歩また一歩と進むことこそが自分の人生に自信を持たせてくれるのでしょう。

管理人は大学卒業後に運悪くブラック企業に飛び込んでしまい、いとも容易く自尊心を砕かれてしまいました。時には「人生終わった」とすら考えるほどでした。ただ、未知の世界を旅するようになってからは「こんな人生も悪くないな」と思っています!

他の人と入れ替わっても何1つ変わらないような人生ではなく、自分だけの人生を送ることにこそ価値があるのではないでしょうか。

6.理想の生き方が見えてくる

日本は世界で見ても自由に生きられる国の1つです。ただ、衣食住満ち足りているはずの日本で暮らしていながらも「人生詰んだ」「人生疲れた」「人生つまらない」などという言葉が飛び交っています。

……どこもかしこも生き方に迷っている人だらけです。

ただ、外国に目を向けると想像を超えるような人生を送る人がいることに気づかされます。アジアで世界一を目指している料理人にオセアニアで動植物を保護している研究員、北米を感動で包み込むエンターテイナーに中南米を開拓する冒険家、ヨーロッパのアーティストに中東の石油王、アフリカの地を守る原住民、はたまた何にも縛られずに生きるヒッピーや世捨て人も。

海外を見渡せば、そういった生き方のヒントも見つかるものです。長いようで短い人生は何をしても自由(人様に迷惑さえかけなければ)です。自分で進むべき道は自分で決めて歩く……そう教えてくれたのは飾らずに生きる世界中の人々でした。

7.物事の考え方が改められる

固定概念は恐ろしいもので、ついつい凝り固まった常識にとらわれてしまいがちです。しかし、日本の常識がすべてではありません。むしろ海外では日本の常識が非常識ということも往々にしてあります。良くも悪くも常識は万能ではありません。

同じ地球上にあるのに海を超えればまるで違う世界。陸を渡れば世界は千変万化、変幻自在、縦横無尽です。だからこそ信じられないような出来事にも遭いますし、旅の珍事によって新たな気づきが生まれることもあります。

それは旅をした人だけが得られる特権、実際に物事の考え方すら変わることもあります。

8.日本の素晴らしさに気づける

海外を旅するほど日本の素晴らしさに気づかされます。巷では「日本オワコン」などという言葉を見かけることもありますが、悪いところだけ見て良いところを見ないというのはもったいないです。むしろ世界から見ることで改めて日本の素晴らしさに気づくこともあります。

治安が良好なことや街中が清潔であること、インフラが整備されていることやサブカルが浸透していること、伝統を守り規則正しく礼儀正しいこと、ご飯が美味しいこと……数えたらきりがありません!

日本には世界に誇れる魅力が多々あります。ただ、日本から出ないとその強みに気づけないのも無理はありません。だからこそ、一度日本を離れてみることも必要なのではないでしょうか。

9.海外の面白さに気づける

外国は予想外の面白さに溢れています。それはさながら巨大なおもちゃ箱、開けてみるまでわかりません。封を切ってからも自分の想像なんて優に超えてきます。

それほどまでに世界は刺激に満ちているのです。現地で見るもの、聞くもの、香るもの、味わうもの、触れるもの……五感をくすぐるすべてのものが新鮮そのもの。その1つ1つが愉快で痛快で爽快で豪快で欣快です!

それだけでなく旅にはトラブルも欠かせません。海外旅行では予想だにしていない出来事と遭遇します。しかも、そのエンカウント率は高めに設定されています。その手の旅先でのハプニングもまた旅の醍醐味と言えるでしょう。

思い返してみると「クスッ」と笑ってしまうような素敵な思い出(アクシデント含む)が刻まれていくのも海外旅行ならではのものです。

10.世界が遊び場になる

世界を旅すること、それは世界が遊び場になることを意味します。子供たちにとって遊び場といえば裏山や公園や空き地、はたまた街中や自宅など限られた場所のみです。大人の遊びも国内だけでは限りがあります。

気づけばそんな遊びに飽きてしまうなんてことも。しかし、海外旅行はそんな遊びの枠を飛び越えさせてくれます。一度海外を知れば地球全部が遊びの舞台となります。もちろん、現地には危険も潜んでいますしリスクが隠れていないとも言えません。ただ、ちょっとした火遊びこそ快感なのではないでしょうか。

旅はまさに人生の火遊び……忘れてしまった冒険心を取り戻すのに最適な娯楽です。

はるまる

旅には自分なりの気づきが散りばめられてる。その刺激がきっと自分史上最大の発見になるはず。

ぴちどん

旅の道中、これからの人生について考えるのもまた至福の時間だよね。

3.海外で自分を変える方法

アメリカのフォレストガンプポイント

ここからは海外で自分を変える方法をまとめます。

自分を変える方法
  • 海外移住する
  • 海外留学する
  • 海外出張する
  • ボランティアする
  • ワーキングホリデーする

海外旅行は自分を変えられる可能性を秘めていますが、本当に自分を変えたいと思うのなら外国だからこそできることに挑戦してみるのもおすすめです。

例えば、海外移住・海外留学・海外出張・ボランティア・ワーキングホリデーなどが定番です。環境を変えれば自分も変わります。もちろん、海外移住には勇気が必要ですし海外留学や海外出張にも度胸が必要です。ボランティアもワーキングホリデーも覚悟が必要となるでしょう。現在の環境を変えるのは簡単なことではありません。

ただ、それでも何かを変えようと世界に旅立った人は等しく人生の開拓者と呼べます。

海外旅行だけで膝が震えるほどだった管理人からすると、外国で生活したり勉強したり仕事したりできる人はスーパーマンそのものです。

もし本気で自分を変えたいと思うのなら、まずは外国で何かに挑戦するところから始めてみるのはいかがでしょうか?

はるまる

海外旅行だけじゃ物足りないという猛者は海外進出もありかもしれない。

ぴちどん

その挑戦はきっと何かを変えるきっかけになるはず!

4.二度とない一度きりの人生

エジプトのハトシェプスト女王葬祭殿

世の中には人生を思いっきり楽しんでいる人が大勢います。世界一の娯楽都市と称されるラスベガスを訪れた際、全力で今その瞬間を謳歌する人たちを見て管理人は脳天に雷を落とされた気分でした。それと同時に思いました……「人生楽しんだもん勝ち」なんだと!

死んだらそこで終わり。この人生は二度となく、たった一度しかありません。

そのことに気づかないふりや見ないふりをして生きている人もいるかもしれません。僕もたまに忘れてしまいます。それでも、いつか人は誰しも必ず死んでしまいます。遅かれ早かれいずれは必ずその時が訪れます。

だからこそ、どう生きたっていつか死ぬのならどう生きるのかを死ぬ気で考える……それこそが人生で最も忘れてはならないことなのかなと思うのです。

はるまる

僕みたいな青二才の言葉が響くかどうかはわからないけど、それでもたくさんのことを言葉にして伝えたい。

ぴちどん

やりたいことやりなよ。どうせいつかはあの世行きなんだから。

5.まとめ

今回は海外旅行で世界観・人生観・価値観は変わるのか変わらないのか、旅先での10の気づきをまとめました。

海外旅行しただけで世界観や人生観、価値観まで変わるということはそうそうないのかもしれません。ただ、世界を旅してこそ気づけることもいっぱいあります。むしろ自分を変えるきっかけはあちこちに転がっています。

その欠片を拾い集めていけば、きっと人生もちょっとずつ変わっていくはずです。何も変わらない人がいれば何か変わる人もいる……それこそが旅という魔力が持つ本当の力なのではないでしょうか。

この記事が「役立ったよ」「面白かったよ」という方はブックマーク&シェアしていただけると励みになります。SNSのフォローもお待ちしております♪

アラブのアラビア砂漠

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

旅仲間・旅友とシェアしよう!
  • URLをコピーしました!
目次