【世界】清潔な国ランキング!潔癖症に優しく衛生面にも優れた海外旅行先

アイスランドのダイヤモンドビーチ
  • URLをコピーしました!

海外旅行ではいかんせん衛生事情が気になるところですが、世界には清掃・掃除が完璧な国も存在します。綺麗な国は汚物や糞尿による悪臭、害虫や害獣の死骸、ジャンキーやホームレス、ゴミのポイ捨てやガムの吐き捨ても皆無です。潔癖症の方は清潔な国ほど衛生面を気にせずに済むのではないでしょうか。

今回は世界の清潔な国ランキングを作成しました。ここでは潔癖症に優しく衛生面にも優れた国をランキング形式でトップ10まで掲載しています。衛生観念や公衆衛生が根付いたクリーンな国ほど爽快な旅となるので、ぜひ旅先選びにもご活用ください。

はるまる

清潔な国って言うと語弊があるけど、異国の地ではショッキングな光景に出会うことも!

ぴちどん

この記事では「世界の清潔な国ランキング」「潔癖症に優しく衛生面にも優れた海外旅行先」をまとめるよ!

目次

1.清潔な国がおすすめな人

クロアチアのゴミ箱

まずは清潔な国がおすすめな人を見ていきましょう。

清潔な国は……
  • 衛生観念が高い人におすすめ
  • 公衆衛生が気になる人におすすめ

海外旅行の懸念要素、それが現地の衛生事情ではないでしょうか。管理人も潔癖症とまでは言わないものの現地の衛生面は気になります。むしろ海外だからこそ衛生観念・公衆衛生には過敏になるべきなのかもしれません。

日本は世界で見ても清潔な国の1つとされ、道端に不用品が捨てられていることもそうそうありません。ただ、世界には不法投棄が横行している国もあり、デリケートな日本人ほどその光景にたまげてしまうこともあります!

逆に、近年はより改善されたことで日本より衛生的な国もいくつか存在し、綺麗な国ほど街全体が整っていて親しみやすい印象を受けます。

それだけに潔癖症な人は衛生面が盤石な国を選ぶべきです。場所によって清潔度は変わるものの清掃・掃除が完璧な国ほど汚物や糞尿による悪臭をはじめ害虫や害獣の死骸、ジャンキーやホームレス、ゴミのポイ捨てやガムの吐き捨ても皆無で観光しやすいのではないでしょうか?

はるまる

海外旅行の衛生事情は地域差があって一概には言えないけど、現地が清潔かどうかは重要!

ぴちどん

衛生観念が高い人や公衆衛生が気になる人には清潔な国がおすすめかも!

2.清潔な国ランキング

アラブのグリーンプラネットドバイ

ここからは清潔な国ランキングをまとめます。

当ランキングでは衛生観念・公衆衛生に対する意識、国民全体の清掃・掃除に対するモラル、潔癖症に優しく衛生面にも優れているかなどを加味して選定しています。

  1. シンガポール
  2. アイスランド
  3. デンマーク
  4. スロベニア
  5. クロアチア
  6. ニュージーランド
  7. オーストラリア
  8. 日本
  9. アラブ
  10. ルワンダ
参考文献

清潔な国ベスト3はシンガポール・アイスランド・デンマークです。他にもスロベニアやクロアチア、ニュージーランドやオーストラリア、日本やアラブ、ルワンダは潔癖症に優しく衛生面にも優れている地域とされています。

では、さらに詳しいランキングを見ていきましょう。ちなみに、順位や星は管理人の独断偏見・趣味嗜好が含まれるものの、特定の国を差別・贔屓する意図はございません。

1位.シンガポール

シンガポールは世界一清潔な国
  • 清潔度:

シンガポールは世界で一番清潔な国とされています。厳格な法整備によって綺麗な国としての地位を確立しているこの国は、訪れた旅人が口を揃えて「世界一綺麗だった」と絶賛するほどです。

世界で最もゴミやガムに対して厳しい国としても知られ、ゴミの投棄やガムの所持にも罰金が課せられます。違反した場合は約80万円、密輸した場合は1年間の禁固刑に加えて約170万円の罰金が課せられます。公衆トイレでの未処理や公共交通機関での飲食にも罰則があるなど、世界で最も衛生管理が完璧な国と言えるでしょう。

それだけでなく無線識別タグを取り付けた廃棄物の量を計測して捨てた分に税金が課せられるシステムの導入も検討されるなど、世界で一番衛生的な国としてさらなる躍進が進められています。

はるまる

シンガポールは独自の法律によって最も清潔な国の称号を得ている国。

ぴちどん

あれほどの観光客・旅行者が往来していながら廃棄物1つ落ちてないのは……げに見事なり!

2位.アイスランド

アイスランドの氷河
アイスランドは清潔な国
  • 清潔度:

アイスランドは北欧基準の卓越したインフラが整備された国で、世界的に見ても衛生的な国の1つです。その生活水準もトップクラスと言えます。

首都レイキャビクは悪臭や汚物とは無縁で害虫や害獣も見かけません。稀に酔っ払いはいるもののジャンキーやホームレスに出会うこともなく、ゴミのポイ捨てやガムの吐き捨て、落書きなどもほとんどありません。ありのままの自然が残る国だけあって島全域が綺麗な印象です。

管理人もあまりの空気の美味しさに度肝を抜かれました。まさに世界一美味しい深呼吸が味わえる国と言えるでしょう。どこまでも続く火山や氷河が黒く淀んだ心まで浄化してくれるはずです。

はるまる

アイスランドは街並みが非常に洗練されていて、清潔な印象のある国だったよ!

ぴちどん

自然と調和した美しい国だからなのか、人々の意識もクリスタル&クリアなのさ。

3位.デンマーク

デンマークの動物
デンマークは清潔な国
  • 清潔度:

デンマークも北欧基準の突出したインフラが整備された国で、世界的に見ても衛生的な国の1つです。その生活水準もハイレベルと言えます。

首都コペンハーゲンは悪臭や汚物とは無縁で害虫や害獣も見かけません。稀に酔っ払いはいるもののジャンキーやホームレスに出会うこともなく、ゴミのポイ捨てやガムの吐き捨て、落書きなどもほぼありません。廃棄物を活用したバイオマスや廃熱を利用したコージェネレーションを進めるデジタル先進国だけあって町全体が綺麗な印象です。

管理人も朝昼晩と散歩しましたが、その美しい町並みには惚れ惚れしました。カラスまでおしゃれでした。まさに未来のテクノロジーで環境と共存している国と言えるでしょう。手入れされた緑が白く輝く体へと洗浄してくれるはずです。

はるまる

デンマークも街並みが隅々まで完備されていて、清潔な印象のある国だったね!

ぴちどん

自然と共存した美しい国だからなのか、人々の意識もエコ&グリーンなのさ。

4位.スロベニア

スロベニアは清潔な国
  • 清潔度:

スロベニアは衛生状態の良い清潔な国とされ、世界的に見ても衛生的な国の1つと考えられています。

首都リュブリャナは悪臭や汚物はもちろん害虫や害獣も見かけず、ジャンキーやホームレスもさほど見かけません。ゴミのポイ捨てやガムの吐き捨て、落書きなども気になるほどではないでしょう。むしろ、新旧入り混じる中世と近世の街並みが残されており、現地の人々がいかに懇切に守ってきたかが窺えます。

そこは隅々まで衛生観念・公衆衛生が行き届いた国のため、旅行の際も気持ち良く歩き回れるのではないでしょうか?

はるまる

スロベニアは国民が総じて衛生事情に前向きな国なのよ。

ぴちどん

絵本の中のような街並みを拝めるのは日頃から綺麗に保ってくれてるおかげだね。

5位.クロアチア

クロアチアのシーオルガン
クロアチアは清潔な国
  • 清潔度:

クロアチアも衛生状態の良い清潔な国とされ、世界的に見ても衛生的な国の1つと言われています。

首都ザグレブは悪臭や汚物はもちろん害虫や害獣も見かけず、ジャンキーやホームレスもさほど見かけません。ゴミのポイ捨てやガムの吐き捨て、落書きなども気になるほどではないでしょう。むしろ、世界遺産に登録されている旧市街や国立公園が残されており、現地の人々がいかに丁寧に守ってきたかが窺えます。

そこは諸々まで衛生観念・公衆衛生が行き届いた国なので、旅行の時も心地良く歩き回れるのではないでしょうか?

はるまる

クロアチアも国民が総じて衛生事情に前向きな国なのね。

ぴちどん

絵画の中のような街並みを眺められるのは普段から綺麗に保ってくれてるおかげだよ。

6位.ニュージーランド

ニュージーランドのクイーンズタウン
ニュージーランドは清潔な国
  • 清潔度:

ニュージーランドは優秀な衛生観念・公衆衛生により綺麗な街並みを実現しており、都会も田舎も清潔な国とされています。単に衛生的な国だけでなく自然にも優しい国です。

生物保護のための環境整備に尽力していることでも知られており、徹底した管理下で運営されています。特に生態系への気配りは世界でも有数で入国審査・税関・検疫の厳しさでも著名です。ただ、それが功を奏したことで大気中の不純物もなく世界一美しい星空も守られています。

管理人は南島を中心に回ったのですが、どの施設も清掃・掃除が行き届いていて水回りも完璧に近いほど綺麗でした。支障なく入浴・排泄できるというのは海外旅行でもポイント高めです。

はるまる

ニュージーランドはただ自然が美しいだけでなくインフラ整備も非の打ち所がない。

ぴちどん

国民一丸となって貴重な動植物を守る取り組みも素敵だよね!

7位.オーストラリア

オーストラリアのケアンズ
オーストラリアは清潔な国
  • 清潔度:

オーストラリアも優秀な衛生観念・公衆衛生により綺麗な街並みを実現しており、都市も地方も清潔な国とされています。単に衛生的な国だけでなく自然にも優しい国です。

生物保護のための環境整備に注力していることでも知られており、徹底した管理下で運営されています。中でも生態系への気遣いは世界でも屈指で入国審査・税関・検疫の厳しさでも著名です。ただ、その甲斐もあって外来種の侵入も防がれ世界遺産の大地も守られています。

管理人はケアンズを中心に回ったのですが、どの施設も清掃・掃除が行き届いていて水回りも完璧に近いほど綺麗でした。問題なく入浴・排泄できるというのは海外旅行でもポイント高めです。

はるまる

オーストラリアもただ自然が美しいだけでなくインフラ整備も文句の付け所がない。

ぴちどん

国を挙げて外来生物の侵略を防いでる取り組みも素晴らしいよね!

8位.日本

沖縄の港
日本はやや清潔な国
  • 清潔度:

日本は世界が認める綺麗な国の1つで、その衛生行動を諸外国が見習うほど衛生観念・公衆衛生が根付いている国と認識されています。

日本では小中高時代から児童が教室を清掃する習慣があり、個々で掃除するのが当たり前です。これは外国から見ると希有な慣習で、当番制で生徒がその役割を担うのは世界的に見ても珍しい光景です。定期的にゴミ拾いなどのボランティア活動も行われるなど、根本的に美化意識の強い国と言えます。

街中にはゴミ箱も等間隔で設置されており、誰もが「身の回りは自分で綺麗にする」という国民性を持っています。自分で出した廃棄物は自分で持ち帰るのも普通で、不用品の回収や分別についての規則も自然と守る生活が身についているわけです。つまり、無意識に衛生意識が育まれている国、それが日本なのです。

近年は「感染症収束後に訪問したい国」で最も名前が挙がるなど、依然として「日本=清潔」というイメージは崩れていません。

はるまる

子供の頃から「みんなで綺麗にしよう」を守ってきた国、それが日本。

ぴちどん

でも、赤ちゃんでさえ守れるような規則が守れない不届き者もいる事実!

9位.アラブ

アラブのゴールドスーク
アラブはやや清潔な国
  • 清潔度:

アラブは改善を繰り返して清潔な国にまで上り詰めた国で、違反者に対する取り締まりを段階的に強化しているほどの衛生的な国です。

地元新聞によると首都アブダビでは公共の場でのタバコの喫煙やお酒の飲酒について取り締まりが強化されており、路上での唾吐きなども禁止されているそうです。唾吐きを含む吸い殻や空き瓶の投棄には4,000円~8,000円ほど、ゴミのポイ捨てやガムの吐き捨てには2万円ほどの罰金が課せられます。

この条例は10年以上前に制定されたものですが、より注意喚起キャンペーンが強化されているとか。それにより徐々に綺麗な街並みへと変わってきた国なので、今後も厳罰化が継続されると予想されます。邦人でも逮捕者が出ているようなので、なおさら気を引き締めねばなりません。

はるまる

日本人も罰せられてるということは現地のいずれかの決まりを破った人がいるってことか……。

ぴちどん

同じ日本人として恥ずかしい行為はやめてほしいよね。

10位.ルワンダ

ルワンダはやや清潔な国
  • 清潔度:

ルワンダはアフリカでいち早く清潔な国として成り上がった国で、移住者に対するおもてなしも強化しているほどの衛生的な国です。

地元当局によると首都キガリでは早い段階から環境保護への取り組みを強化してきたそうで、主にプラスチックの使用などが禁止されているようです。環境汚染に繋がるプラスチック製品の使用には禁固刑を含めた処罰が下されるなど、規律に沿った枠組みが行われています。

この法律の他に毎月の最終土曜日が「国民の衛生デー」に指定されており、みんなで一斉にクリーニングを行う日も制定されているとか。それにより着実に綺麗な街並みを作ってきた国だけに、今後も定期的な洗浄活動が見込まれます。もう「アフリカだから」と舐めていられる時代ではありません。

はるまる

アフリカを侮らないで!世界の経済の中心になる日はもうすぐかも!

ぴちどん

日本の一部地域より綺麗なくらい美意識が醸成しているとのこと。

3.その他の清潔な国

マレーシアのセントジョージ教会

最後にその他の清潔な国をピックアップします。

その他の国は衛生観念・公衆衛生への意識が高いかどうか、清掃・掃除が行き届いているかどうかを含めて判断しています。

アジア
  • マレーシア
  • モルディブ

アジアではマレーシアやモルディブが清潔な国とされています。首都のクアラルンプールやマーレは衛生的で汚物や糞尿による悪臭もなく、害虫や害獣の死骸、ジャンキーやホームレスもさほど見かけません。一部地域はゴミのポイ捨てやガムの吐き捨てなどがあるものの総じて綺麗な国です。

オセアニア
  • ニューカレドニア

オセアニアではニューカレドニアが清潔な国とされています。首都のヌメアは衛生的で汚物や糞尿による悪臭もなく、害虫や害獣の死骸、ジャンキーやホームレスもさほど見かけません。一部地域はゴミのポイ捨てやガムの吐き捨てなどがあるものの総じて綺麗な国です。

北米
  • カナダ

北米ではカナダが清潔な国と考えられています。首都のオタワをはじめトロントやモントリオールやカルガリーは衛生観念や公衆衛生が浸透しており、都会も田舎も清掃・掃除が行き届いています。一部地域はガラクタや紙くずの投げ捨て、廃棄物の不法投棄などがあるものの衛生事情が気がかりな方も旅行しやすいです。

ヨーロッパ
  • オランダ
  • スイス
  • スウェーデン
  • ノルウェー
  • フィンランド
  • ルクセンブルク

ヨーロッパではオランダやスイス、スウェーデンやノルウェーやフィンランド、ルクセンブルクが清潔な国と言われています。各国の首都は衛生観念や公衆衛生が定着しており、都市も地方も清掃・掃除が行き届いています。一部地域はガラクタや紙くずの投げ捨て、廃棄物の不法投棄などがあるものの衛生事情が気がかりな方も旅行しやすいです。

中東
  • アゼルバイジャン
  • カタール
  • サウジアラビア
  • トルコ
  • バーレーン

中東ではアゼルバイジャンやカタール、サウジアラビアやトルコ、バーレーンが清潔な国と言われています。各国の首都は衛生観念や公衆衛生が定着しており、都市も地方も清掃・掃除が行き届いています。一部地域はガラクタや紙くずの投げ捨て、廃棄物の不法投棄などがあるものの衛生事情が気がかりな方も旅行しやすいです。

はるまる

清潔な国は「綺麗な場所にする」という意識が強いみたいね。

ぴちどん

地区によっては花壇や芝生を作って景観を保ってるところもあるよ。

4.まとめ

今回は世界の清潔な国ランキング、潔癖症に優しく衛生面にも優れた海外旅行先をまとめました。

世界には衛生観念や公衆衛生の根付いた清潔な国があり、シンガポールやアイスランドやデンマークは総じて都会も田舎も綺麗です。他にもスロベニアやクロアチアも潔癖症に優しく、ニュージーランドやオーストラリア、日本やアラブ、ルワンダなども衛生面に優れています。

そういった清掃や掃除が行き届いているサニタリーな地域ほど汚物や糞尿による悪臭、害虫や害獣の死骸、ジャンキーやホームレス、ゴミのポイ捨てやガムの吐き捨てに苛まれることはないでしょう。どうしても清潔かどうか気になる方はまず綺麗な海外旅行先から選ぶようにしてみてはいかがでしょうか?

この記事が「役立ったよ」「面白かったよ」という方はブックマーク&シェアしていただけると励みになります。SNSのフォローもお待ちしております♪

アイスランドのダイヤモンドビーチ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

旅仲間・旅友とシェアしよう!
  • URLをコピーしました!
目次