【海外旅行】飛行機のトイレで歯磨きは迷惑?マウスウォッシュは禁止?

アラブのトイレ
  • URLをコピーしました!

海外旅行の飛行機では「歯磨きしたいなぁ」と思う瞬間が度々あります。しかし、機内トイレで歯磨きは「さすがに迷惑なのでは……」という考えもあり、なかなかスッキリできていない人もいるのではないでしょうか。実際、歯磨きはマナーを守ることが重要です。

今回は海外旅行の飛行機のトイレで歯磨きは迷惑なのかを解説します。併せて機内トイレでマウスウォッシュは禁止なのかも説明します。加えて歯磨きで遵守すべきマナーについてもまとめるので、海外旅行の移動にお役立てください。

はるまる

飛行機のトイレで歯磨きはどうするべきか……迷うよね!

ぴちどん

この記事では「海外旅行の飛行機のトイレで歯磨きは迷惑なのか」「機内トイレでマウスウォッシュは禁止なのか」をまとめるよ!

目次

1.海外旅行の飛行機のトイレで歯磨きは迷惑?

ハワイの飛行機

まずは海外旅行の飛行機のトイレで歯磨きは迷惑なのかを見ていきましょう。

結論から先に言うと、飛行機のトイレで歯磨きすること自体は何ら問題ありません。

国内旅行はフライトが短いため、歯磨きが必要になるほど飛行機に乗っていることはないでしょう。しかし、海外旅行はフライトが長いので、歯磨きしないとどうしても口の中に不快感が残ります。10時間を超えるような長時間フライトの場合、歯を磨きたくなるのが普通です。

そのため、トイレが空いている時間帯を見計らって歯磨きしましょう。航空会社によっては歯磨きセットの入ったアメニティが用意されているため、上手に活用してみてください。

アメニティのない航空会社の場合は、自分自身で歯磨きセットを持ち込みましょう。ただし、長時間トイレを占拠するなどの行為は「迷惑行為」とみなされるので、十分にご注意ください。

はるまる

「飛行機のトイレで歯磨きはちょっと……」って人は離陸前に空港のトイレで済ませちゃってもいいかも!

ぴちどん

もしくは着陸後の空港のトイレで済ませるのもあり。

2.機内トイレでマウスウォッシュは禁止?

アラブの飛行機

次に機内トイレでマウスウォッシュは禁止なのかを見ていきましょう。

機内トイレでマウスウォッシュは禁止なのか
  • マウスウォッシュは100ml以下ならOK
  • 100ml以上の歯磨き粉はNG
  • 原則は歯ブラシのみ

機内トイレでは、マウスウォッシュの使用は禁止されていません。ただし、液体物の持ち込みは100mlまでとされているため、100ml以下のものに限ります。歯磨き粉も同様に液体物となるので、100ml以上のものは持ち込み禁止です。

セキュリティチェックでの手荷物検査・身体検査が煩わしい場合は、歯ブラシのみご持参ください。

2-1.マウスウォッシュは100ml以下ならOK

機内トイレでは、100ml以下のマウスウォッシュならOKです。最近は100mlちょうどに設定された個包装のマウスウォッシュが販売されているため、素早く口を洗浄したい場合は持参をおすすめします。

持ち運びできるマウスウォッシュは移動だけでなく宿泊や飲食にも便利!

2-2.100ml以上の歯磨き粉はNG

機内トイレでは、100ml以上の歯磨き粉はNGです。一般的なチューブタイプは100ml前後に設定された歯磨き粉が主流となっているため、内容量には注意が必要となります。

歯磨き粉によって80gだったり120gだったりとまちまちだから注意!

2-3.原則は歯ブラシのみ

マウスウォッシュや歯磨き粉は液体に分類され、許容量を超えると手荷物検査・身体検査で引っかかります。セキュリティチェックで引っかかった場合は破棄もしくは没収されるため、原則は歯ブラシのみの持ち込みがおすすめです。機内トイレで使用できる歯ブラシは次の通り。

  1. アメニティの歯ブラシ
  2. 持ち込んだ歯ブラシ

基本的に機内トイレで歯を磨きたい場合は、アメニティの歯ブラシもしくは持ち込んだ歯ブラシを使用しましょう。口のスッキリさせたい場合は、100mlの容器に入ったマウスウォッシュ・歯磨き粉をご使用ください。

はるまる

僕はミニタイプの歯磨きセットを持ち込んでるよ!

ぴちどん

あらかじめコンパクトにまとめられた旅行用の歯磨きセットを用意しておくと安心かもね。

3.歯磨きで遵守すべきマナー

アラブの飛行機

最後に歯磨きで遵守すべきマナーについてまとめます。

歯磨きで遵守すべきマナー
  • 混雑しない時間帯に済ませる
  • 口を閉じた状態で歯を磨く
  • うがいは静かに吐き出す
  • 洗面台を汚さない
  • 占拠しない

通常は常識の範囲内で済ませれば、問題はありません。ただし、飛行機のトイレで歯磨きする場合はいくつかのマナーを守ることが大切です。機内トイレは乗客みんなで使用するものだからこそ、綺麗に使用することを心がけましょう。

3-1.混雑しない時間帯に済ませる

飛行機のトイレで歯磨きする場合は、混雑しない時間帯に済ませるのがマナーです。離着陸の前後や機内食の前後など、混雑する時間帯に悠長に歯磨きなんてしていたら……怒られます!笑

面と向かって怒られることはなくとも迷惑になってしまうからこそ、歯磨きは空いている時間を見計らって済ませるようにしましょう。

歯磨きは5分~10分ほどで終わらせるのが理想と言えるでしょう。

3-2.口を閉じた状態で歯を磨く

機内トイレでは、口を閉じた状態で歯を磨くようにしましょう。口を開けた状態で歯を磨くと、歯石や歯垢が飛び散るため、口にチャックをした状態でブラッシングしてください。

3-3.うがいは静かに吐き出す

機内トイレでは、うがいは静かに吐き出すようにしましょう。何も気にせず吐き出すと、口から出た水が飛び散るので、そっと口の中をクリーニングしてください。

3-4.洗面台を汚さない

飛行機に限らず、ホテルのトイレでもレストランのトイレでも同様なのですが、洗面台は汚さないように使用するのが鉄則です。海外旅行中は空港のトイレで歯磨きすることもあると思いますが、洗面台を汚したまま立ち去るのはマナー違反と言えます。

歯磨き中、完全に汚さないようにすることは難しくとも、せめて汚してしまったら掃除するようにしましょう。荒らしたまま立ち去るような人は、飛行機に乗る資格はありません。

水滴をササッと拭くだけでもマナー的にはGOOD!

3-5.占拠しない

飛行機のトイレは数が限られているため、長時間占拠するのはご法度極力短時間で済ませるのがマナーと言えるでしょう。

人によっては歯磨きにかかる時間はバラバラですが、20分も30分もトイレに籠られると他の乗客の方が迷惑します。状況によっては“膀胱という名のダム”が決壊寸前の方もいるので、5分~10分で済ませるのが理想です。

長時間占拠していると客室乗務員に声掛けされる場合があるのでご注意を!

はるまる

いつまで経ってもトイレから出てこない場合はキャビンアテンダントを通して苦情を伝えてもらうのが安心。

ぴちどん

焦りのあまりドアを叩いたり蹴ったりすると乗客同士のトラブルに発展するから、何かあったらクルーに伝えよう!

4.まとめ

今回は海外旅行の飛行機のトイレで歯磨きは迷惑なのか、機内トイレでマウスウォッシュは禁止なのかをまとめました。

飛行機のトイレで歯磨きするのはOKです。マウスウォッシュは持ち込み範囲内であれば問題ないとされています。しかし、機内トイレでの歯磨きはマナーを守らなければなりません。

混雑しない時間帯に行う、口を閉じた状態で歯を磨く、うがいは静かに吐き出す、洗面台を汚さない、占拠しないなど、マナーを守らないのはNG。トイレは乗客全員が使用するものだからこそ、マナーを守ってスッキリしましょう。

この記事が「役立ったよ」「面白かったよ」という方はブックマーク&シェアしていただけると励みになります。SNSのフォローもお待ちしております♪

アラブのトイレ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

旅仲間・旅友とシェアしよう!
  • URLをコピーしました!
目次