【世界】経済成長率が低い国ランキング!市場が停滞し続けている海外旅行先

沖縄の港
  • URLをコピーしました!

世界には経済停滞を続ける国が存在し、中には経済成長率-30%を下回る国まであります。GDPの伸び率が低い国は市場の停滞も目に余り、旧時代の幕引きを予感させるほどです。ただ、世界経済はいつどこで転換期を迎えるかわからないため、今後の動向にも目が離せません。

今回は世界の経済成長率が低い国ランキングを作成しました。ここでは市場が停滞し続けている国をランキング形式でトップ10まで掲載しています。経済が停滞中の地域を中心にまとめるので、ぜひ旅先選びにもご活用ください。

はるまる

経済成長率が低い国は未来の後進国……かも!

ぴちどん

この記事では「世界の経済成長率が低い国ランキング」「市場が停滞し続けている海外旅行先」をまとめるよ!

目次

1.経済成長率が低い国がおすすめな人

モロッコのマラケシュ

まずは経済成長率が低い国がおすすめな人を見ていきましょう。

経済成長率が低い国は……
  • 国家の成長に興味がある人におすすめ
  • 市場の動向が気になる人におすすめ

経済成長率の低い国は、国家の成長に興味がある人や市場の動向が気になる人におすすめです。

世界経済は常に波のように変動しており、景気が良くなることもあれば悪くなることもあります。経済成長率はその国の景気を上下する要素の1つで、この経済成長率が低ければ低いほど国の市場が停滞していることを意味します。

つまり、経済成長率が低い国は「今最も勢いのない国」と言えるのではないでしょうか?

ただし、今は景気が悪くても数年後数十年後には景気が良くなっている可能性もゼロではありません。日本も1955年頃~1973年頃の高度経済成長期には平均10%前後の経済成長を記録しており、環境省のデータでも昭和30年代には8.9%~9.1%ほど、昭和40年代には10.9%ほど成長したと記録されています。

まさに、経済成長率は国の行く末を左右する大切な指標……世界経済を読み解くためには欠かせない要素と言えるでしょう!

はるまる

景気は上がったり下がったり……浮き沈みの人生と同じ!

ぴちどん

国家の成長に興味がある人や市場の動向が気になる人には経済成長率が低い国がおすすめかも!

2.経済成長率が低い国ランキング

ドイツの旧市庁舎

ここからは経済成長率が低い国ランキングをまとめます。

当ランキングでは経済成長率の低さを加味して選定しています。

  1. ウクライナ
  2. リビア
  3. スリランカ
  4. サモア
  5. モルドバ
  6. ベラルーシ
  7. ソロモン諸島
  8. パラオ
  9. スーダン
  10. ロシア
参考文献

経済成長率が低い国ワースト3はウクライナ・リビア・スリランカです。そこにサモアやモルドバ、ベラルーシやソロモン諸島、パラオやスーダン、ロシアと続きます。ただし、経済成長率は常に変化するので、あくまでも暫定的な数値となります。

では、さらに詳しいランキングを見ていきましょう。ちなみに、順位や星は管理人の独断偏見・趣味嗜好が含まれるものの、特定の国を差別・贔屓する意図はございません。

1位.ウクライナ

ウクライナは世界一経済成長率が低い国
  • 経済成長率が低い度:
  • 経済成長率:約-30%~-31%

ウクライナは世界で一番経済成長率が低い国とされています。

ウクライナの経済成長率は約-30%~-31%で、GDPの伸び率も低いのが特徴です。その理由には他国の侵攻が関係しているとされています。もともとウクライナはヨーロッパを代表する豊かな国の1つだったのですが、ここ数年は侵略行為の影響で産業の要が失われています。

日本の経済成長率は約1%とされているので、ウクライナは-30倍~-31倍の速度で停滞している計算です。まさに今世界で最も勢いを削がれている国と言えるでしょう。

はるまる

ウクライナは今後もしばらく停滞を続けそうな予感。

ぴちどん

ただ、侵略行為の影響がいつまで続くかで命運が分かれるかも。

2位.リビア

リビアは経済成長率が低い国
  • 経済成長率が低い度:
  • 経済成長率:約-12%~-13%

リビアは世界的に経済成長率が低い国の1つです。

リビアの経済成長率は約-12%~-13%で、GDPの伸び率も低いのが特徴です。その理由にはエネルギー産業が関係しているとされています。現代でもリビアは貧しい国の1つとされており、ここ数年は経済停滞を続けています。

日本の経済成長率は約1%とされているので、リビアは-12倍~-13倍の速度で停滞している計算です。そのため、未だにアフリカでもエネルギー産業後進国の1つと言えるでしょう。

はるまる

リビアはエネルギー産業が不調な様子。

ぴちどん

エネルギー産業は限りがあるからこそ、どう維持するかが課題。

3位.スリランカ

スリランカは経済成長率が低い国
  • 経済成長率が低い度:
  • 経済成長率:約-8%~-9%

スリランカも世界的に経済成長率が低い国の1つです。

スリランカの経済成長率は約-8%~-9%で、GDPの伸び率も低いのが特徴です。その理由には観光業が関係しているとされています。徐々にスリランカは貧しい国の1つになりつつあり、ここ数年は経済停滞を続けています。

日本の経済成長率は約1%とされているので、スリランカは-8倍~-9倍の速度で停滞している計算です。すでにアジアの観光業後進国に陥落しており、今後の動向にも暗雲が立ち込めています。

はるまる

スリランカは観光業が不調な様子。

ぴちどん

今後も観光業頼りでは限度があるかも。

4位.サモア

サモアは経済成長率が低い国
  • 経済成長率が低い度:
  • 経済成長率:約-6%~-7%

サモアは経済停滞が続く国の1つです。

サモアの経済成長率は約-6%~-7%で、GDPの伸び率も低いのが特徴です。その理由には漁業や農業が関係しているとされています。現代でもサモアは貧しい国の1つとされており、ここ数年は経済停滞を続けています。

日本の経済成長率は約1%とされているので、サモアは-6倍~-7倍の速度で停滞している計算です。そのため、未だにオセアニアでも漁業・農業後進国の1つと言えるでしょう。

はるまる

サモアは漁業や農業が不調な様子。

ぴちどん

漁業や農業は転換期が来ている気がする。

5位.モルドバ

モルドバは経済成長率が低い国
  • 経済成長率が低い度:
  • 経済成長率:約-5%~-6%

モルドバも経済停滞が続く国の1つです。

モルドバの経済成長率は約-5%~-6%で、GDPの伸び率も低いのが特徴です。その理由には製造業が関係しているとされています。現代でもモルドバは貧しい国の1つとされており、ここ数年は経済停滞を続けています。

日本の経済成長率は約1%とされているので、モルドバは-5倍~-6倍の速度で停滞している計算です。そのため、未だにヨーロッパでも製造業後進国の1つと言えるでしょう。

はるまる

モルドバは製造業が不調な様子。

ぴちどん

製造業は社会情勢に左右されるから大変だよね。

6位.ベラルーシ

ベラルーシは経済成長率が低い国
  • 経済成長率が低い度:
  • 経済成長率:約-4%~-5%

ベラルーシは経済に勢いのない国の1つです。

ベラルーシの経済成長率は約-4%~-5%で、GDPの伸び率も低いのが特徴です。その理由にも製造業が関係しているとされています。徐々にベラルーシは貧しい国の1つになりつつあり、ここ数年は経済停滞を続けています。

日本の経済成長率は約1%とされているので、ベラルーシは-4倍~-5倍の速度で停滞している計算です。すでにヨーロッパの製造業後進国に陥落しており、今後の動向にも暗雲が立ち込めています。

はるまる

ベラルーシも製造業が不調な様子。

ぴちどん

製造業は社会情勢に上下するから難儀だよね。

7位.ソロモン諸島

ソロモン諸島は経済成長率が低い国
  • 経済成長率が低い度:
  • 経済成長率:約-4%~-5%

ソロモン諸島も経済に勢いのない国の1つです。

ソロモン諸島の経済成長率も約-4%~-5%で、GDPの伸び率も低いのが特徴です。その理由にも漁業や農業が関係しているとされています。現代でもソロモン諸島は貧しい国の1つとされており、ここ数年は経済停滞を続けています。

日本の経済成長率は約1%とされているので、ソロモン諸島も-4倍~-5倍の速度で停滞している計算です。そのため、未だにオセアニアでも漁業・農業後進国の1つと言えるでしょう。

はるまる

ソロモン諸島も漁業や農業が不調な様子。

ぴちどん

漁業や農業は転換期を迎えている気がする。

8位.パラオ

パラオは経済成長率が低い国
  • 経済成長率が低い度:
  • 経済成長率:約-2%~-3%

パラオは市場が停滞している国の1つです。

パラオの経済成長率は約-2%~-3%で、GDPの伸び率も低いのが特徴です。その理由にも観光業が関係しているとされています。現代でもパラオは貧しい国の1つとされており、ここ数年は経済停滞を続けています。

日本の経済成長率は約1%とされているので、パラオは-2倍~-3倍の速度で停滞している計算です。そのため、未だにオセアニアでも観光業後進国の1つと言えるでしょう。

はるまる

パラオも観光業が不調な様子。

ぴちどん

今後も観光業頼りでは際限があるかも。

9位.スーダン

スーダンは経済成長率が低い国
  • 経済成長率が低い度:
  • 経済成長率:約%-2~-3%

スーダンも市場が停滞している国の1つです。

スーダンの経済成長率も約-2%~-3%で、GDPの伸び率も低いのが特徴です。その理由にもエネルギー産業が関係しているとされています。現代でもスーダンは貧しい国の1つとされており、ここ数年は経済停滞を続けています。

日本の経済成長率は約1%とされているので、スーダンも-2倍~-3倍の速度で停滞している計算です。そのため、未だにアフリカでもエネルギー産業後進国の1つと言えるでしょう。

はるまる

スーダンもエネルギー産業が不調な様子。

ぴちどん

エネルギー産業は限りがあるからこそ、どう継続するかが命題。

10位.ロシア

ロシアは経済成長率が低い国
  • 経済成長率が低い度:
  • 経済成長率:約-2%~-3%

ロシアも市場が停滞している国の1つです。

ロシアの経済成長率も約-2%~-3%で、GDPの伸び率も低いのが特徴です。その理由にもエネルギー産業が関係しているとされています。徐々にロシアは貧しい国の1つになりつつあり、ここ数年は経済停滞を続けています。

日本の経済成長率は約1%とされているので、ロシアも-2倍~-3倍の速度で停滞している計算です。すでにヨーロッパのエネルギー産業後進国に陥落しており、今後の動向にも暗雲が立ち込めています。

はるまる

ロシアもエネルギー産業が不調な様子。

ぴちどん

エネルギー産業は限りがあるからこそ、どう持続させるかが問題。

3.その他の経済成長率が低い国

山口の防府天満宮

最後にその他の経済成長率が低い国をピックアップします。

その他の国は経済成長率が2%以下の国を中心に判断しています。

アジア
  • 日本
  • トルクメニスタン
  • ブルネイ
  • ミャンマー

アジアでは、日本やブルネイやミャンマーが経済成長率の低い国とされています。

オセアニア
  • キリバス
  • ツバル
  • トンガ
  • バヌアツ
  • マーシャル諸島
  • ミクロネシア

オセアニアでは、ツバルやトンガやバヌアツが経済成長率の低い国とされています。

中南米
  • スリナム
  • ハイチ
  • パラグアイ

中南米では、スリナムやハイチやパラグアイが経済成長率の低い国とされています。

ヨーロッパ
  • エストニア
  • スロバキア
  • ドイツ
  • ラトビア
  • リトアニア
  • ルクセンブルク

ヨーロッパでは、スロバキアやドイツやルクセンブルクが経済成長率の低い国とされています。

中東
  • イエメン

中東では、イエメンが経済成長率の低い国とされています。

アフリカ
  • エスワティニ
  • サントメプリンシペ
  • 赤道ギニア
  • ソマリア
  • 中央アフリカ
  • ブルンジ
  • マラウイ
  • モロッコ

アフリカでは、ソマリアやブルンジやモロッコが経済成長率の低い国とされています。

はるまる

経済成長率が低い国を見ると“もう出し尽くした国”感があるね!

ぴちどん

経済に勢いのない国は未来の後進国になってるかもしれないよ!

4.まとめ

今回は世界の経済成長率が低い国ランキング、市場が停滞し続けている海外旅行先をまとめました。

経済成長率が低い国としてはウクライナやリビア、スリランカなどが挙げられます。他にもサモアやモルドバ、ベラルーシやソロモン諸島、パラオやスーダン、ロシアの市場は停滞を続けているのが特徴です。

今後、各国の経済成長率はさらに変動することが予想されるため、必ずしもここでまとめた国が停滞し続けるとは限りません。それでも停滞中の国には停滞中の国ならではの魅力があるので、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?

この記事が「役立ったよ」「面白かったよ」という方はブックマーク&シェアしていただけると励みになります。SNSのフォローもお待ちしております♪

沖縄の港

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

旅仲間・旅友とシェアしよう!
  • URLをコピーしました!
目次