【北海道】小樽運河の観光情報!雪あかりの路の見どころ

北海道の小樽運河
  • URLをコピーしました!

北海道に異国情緒を添える石造りの水路、それが小樽運河です。ガス灯が佇む目抜き通りにはガラス・オルゴール・キャンドル・スイーツなどを扱うショップが軒を連ね、冬には季節限定の雪あかりの路も開催されます。そこは大正ロマンと昭和レトロが溶け合う観光スポットです。

今回は北海道にある小樽運河の観光情報をまとめます。ここでは概要・予算・時間・場所・気候・服装・治安・注意点の他、実際に訪れた管理人が厳選した見どころも紹介します。記事の最後には体験談もあるので、ぜひ国内旅行の計画にお役立てください。

はるまる

小樽運河は哀愁が吹き抜けるノスタルジックな水路街!

ぴちどん

この記事では「北海道にある小樽運河の観光情報」「雪あかりの路の見どころ」をまとめるよ!

目次

1.小樽運河の概要

北海道の小樽運河

まずは小樽運河の概要を見ていきましょう。

小樽運河はこんなところ
  • 国:北海道
  • 地域:小樽
  • 特徴:運河/レジャー
  • 目玉:雪あかりの路
  • 方法:個人/ツアー
  • おすすめ度:

小樽運河は北海道の札幌近郊、小樽にある一大観光地です。ここは1923年に完成した人工水路で、湾曲した川沿いにガス灯や木骨石造の倉庫群がひっそりと佇む場所です。どこか外国のような空気漂う街並みは哀愁を帯びた観光スポットとして知られています。

小樽は港湾都市として発展した歴史を持ち、かつては北海道有数の漁港として栄えた地域です。その水産業・観光業を支えているのが小樽運河です。全長は約1,140mで幅は約20m~40m、市民の憩いの場でありながらノスタルジックシティの絶景を担う要素としても欠かせない存在となっています。

堺町通りや寿司屋通りには多くの商業施設が立ち並び、ガラス・オルゴール・キャンドル・スイーツなどが販売されています。ガラスは北一硝子や大正硝子、オルゴールはオルゴール堂、キャンドルはキャンドル工房、スイーツはルタオや北菓楼など……観光には事欠きません。

なお、冬には冬季限定で雪あかりの路も開催され、日暮れとともに氷雪の明かりが灯る町へと変貌します。

かつては「北のウォール街」「北海道の心臓」と称される港町だったとか。

はるまる

北海道を訪れるなら小樽運河は外せないね!

ぴちどん

札幌を拠点にするなら個人で行くのもツアーで行くのもおすすめだよ!

2.小樽運河の観光情報

北海道の小樽運河

次に小樽運河の観光情報を見ていきましょう。

2-1.予算

小樽運河の予算
  • 個人:数千円~1万円
  • ツアー:1万円~3万円
  • 予算総額:5万円~10万円

個人は自分での手配、ツアーは旅行会社での代行、予算総額は北海道旅行全体(移動費・宿泊費・飲食費・観光費)にかかる目安となります。入場料はかかりません。

2-2.時間

小樽運河の時間
  • 営業時間:24時間
  • 所要時間:2時間~3時間
  • 必要期間:3日~5日

営業時間は開店から閉店、所要時間は到着から出発、必要期間は出国から帰国までにかかる目安となります。

2-3.場所

小樽運河の場所
  • 場所:北海道/小樽
  • 住所:北海道小樽市
  • 行き方:電車/バス/タクシー/レンタカー/徒歩/ツアー

場所と住所は所在地の目安となります。行き方は「札幌⇒小樽運河」への一例であり、他の方法でもアクセスできます。直接向かうなら現地発着のツアーがおすすめです。

2-4.気候

小樽運河の気候
  • 1月~3月:寒くてやや雨が降りやすい気候
  • 4月~6月:やや寒くて晴れやすい気候
  • 7月~9月:やや暑くて晴れやすい気候
  • 10月~12月:寒くてやや雨が降りやすい気候
  • ベストシーズン:2月/6月~9月
平均最高気温最低気温降水量
1月-1℃-7℃130mm
2月0℃-6℃105mm
3月4℃-3℃85mm
4月11℃2℃60mm
5月17℃7℃55mm
6月20℃12℃60mm
7月24℃17℃80mm
8月26℃18℃135mm
9月22℃13℃115mm
10月16℃7℃150mm
11月8℃1℃140mm
12月2℃-4℃140mm

2-5.服装

小樽運河の服装
  • 1月~3月:厚手の服装
  • 4月~6月:体温調節できる服装
  • 7月~9月:体温調節できる服装
  • 10月~12月:厚手の服装
  • 持ち物:歩きやすい靴

2-6.治安

小樽運河の治安
  • 良い

北海道は総じて治安が良く、旅の拠点となる札幌も治安良好です。

2-7.注意点

小樽運河の注意点
  • 運次第の催行状況
  • 行事の開催時期
  • 水中への落下
  • 雪像への接触

2-7-1.運次第の催行状況

小樽運河のクルーズやガラス工房、雪あかりの路は中止になる場合があります。ワークショップはアクセサリー作り・オルゴール作り・ガラス作りなどから選択可能なので、催行状況に合わせて選びましょう。

2-7-2.行事の開催時期

小樽運河で行われる雪あかりの路の開催時期は毎年2月となります。毎日行われるクルーズやガラス工房の中には不定期のものもあるので、訪れる日付に合わせて調整しましょう。

2-7-3.水中への落下

小樽運河のクルーズは船で水面を進むため、水中への落下には気を付けたいです。スマホやカメラを落とすと大変ですし、自分自身が落ちると危険です。興奮して撮影に夢中になったり無理に立ち上がったり動き回ったりすると船から転落するので、船上では静かに過ごしましょう。

氷点下の日に水路に落ちようものなら命を落とすこともあるため、はしゃぎすぎには気を付けましょう。

2-7-4.氷像・雪像への接触

小樽運河の雪あかりの路では繊細な氷像・雪像が作られているため、氷像・雪像への接触には気を付けたいです。会場内には華奢な氷像や雪像も作成されており、キャラクターを模した作品も配置されています。当然ながら許可なく壊したり削ったりするのは重罪です。

はるまる

観光情報は変更となる場合があることを加味しておきたいね。

ぴちどん

Googleマップの口コミを参考にするのもおすすめかも!

3.小樽運河の見どころ

ここからは小樽運河の見どころをまとめます。

北海道の小樽運河

3-1.ガス灯や倉庫群

おすすめ度:

ノスタルジックな街並み。

北海道の小樽運河

3-2.クルーズ

おすすめ度:

運河の中を進む遊覧船。

北海道の工房

3-3.ガラス工房

おすすめ度:

ガラス細工作り体験。

北海道の雪像

3-4.雪あかりの路

おすすめ度:

雪と氷の明かりが灯る道。

小樽運河はガス灯や倉庫群、クルーズやガラス工芸、雪あかりの路など見どころ満載です。

運河には63基のガス灯や木骨石造の倉庫群があり、そこはかとない哀愁を放っています。そのタイムスリップしたかのような景色には思わず懐かしさを覚えるほどです。目の前を包む大正ロマンや昭和レトロな街並みは海外の雰囲気を感じさせ、異国情緒もたっぷりです。

思い出作りということであればクルーズやガラス工房もおすすめと言えます!

クルーズは定員制で1回に約48名まで乗船可能、ガラス工房は予約制で吹きガラスが体験可能です。詳しくは「ガラス工房⇒市内の各工房」「クルーズ⇒小樽カナルボート」へ問い合わせてみましょう。毎年2月に開催される雪あかりの路も道内屈指のメルヘンチックイベントなので、ぜひ参加してみてください。

はるまる

小樽運河ではガス灯と倉庫群、クルーズとガラス工房、雪あかりの路が目玉!

ぴちどん

個人的にはロマンチックな雪あかりの路がおすすめ!

4.小樽運河の体験談

最後に管理人が2022年2月に訪れた小樽運河の体験談を記しておきます。等身大の国内旅行記としてお楽しみください。

EPISODE
大正ロマンと昭和レトロ!小樽運河
北海道の小樽運河
はるまる

小樽運河に到着!道産子だから何度も来てるけど、冬はまた新鮮。

ぴちどん

雪化粧した小樽運河は乙だねぇ。空気もキリリと冷えてて気持ち良いや。

はるまる

ここまで寒いと逆にもう暑いくらい!

ぴちどん

いや、それ矛盾脱衣する3秒前の奴。でも、確かに貼るカイロ100枚くらいないと凍えちゃうね。

はるまる

ぬくぬくそうな羽毛があるじゃない。

ぴちどん

さすがにこの寒さは綿毛を突き抜けて突き刺してくるよ。

北海道の小樽運河
はるまる

それにしてもなぜ港があるのに運河まで作る必要があったのかな。

ぴちどん

昔は大きな船を沖に停泊させて、艀という小さな船で荷揚げしてたのさ。

はるまる

(……話がいきなり勉強モードだ。)

ぴちどん

その後、取り扱う荷量が増えたことで運搬作業を効率化するために別途で水路を作ったらしいよ。

はるまる

だから沖合を埋め立てて艀が接岸できる距離を確保したのね。

ぴちどん

つまり、ここは内陸を掘って作った運河ではなく沿岸を埋め立てて作った運河なのさ。

北海道の小樽運河
はるまる

じゃあ、今みたいな観光地として発展したのはいつ頃のことなの?

ぴちどん

戦後になって埠頭の整備が進められてからは艀の役目が終わったとか。

はるまる

そこが転換期となって徐々に観光地化されたってことなんだ。

ぴちどん

最終的に運河の半分が道路に生まれ変わり、一緒に散策路や街園も作られたみたいだよ。

はるまる

そう考えると運河は大正から昭和を経たものの港は新しいんだね。

ぴちどん

そんな小樽も2月は雪あかりの路の季節。この時期に訪れるなら必見のイベントだから要チェック。

EPISODE
吹きガラス体験!ガラス工房
北海道の工房
はるまる

やってきたのはガラス工房、グラスアートエヌプラス。

ぴちどん

雪あかりの路まで時間あるから、コップを作れる吹きガラス体験に挑戦してみよう!

北海道の工房
北海道の工房
はるまる

ガラス細工……思ってるより数倍難しい。吹き込む息の量とか溶けたガラスの成形とか。

ぴちどん

職人さんに教わりながら四苦八苦。でも、自分で作ったコップは素敵なお土産になること間違いなし。

EPISODE
雪まつりや氷瀑まつりに匹敵!雪あかりの路
北海道の雪像
はるまる

小樽運河からほど近い堺町通りを歩いていると、野生の雪だるまに遭遇。

ぴちどん

雪だるまってより鏡餅みたい。ぼってりしたフォルムがかわいい。

はるまる

他にも映画「ベイマックス」や宇宙人の氷像・雪像など趣向を凝らした作品もいくつかあるよ。

ぴちどん

札幌の雪まつりや旭川の氷瀑まつりに通ずるものがあるね。

はるまる

確か苫小牧や支笏湖にも似たようなお祭りがあったよね。

ぴちどん

あれは正式には氷濤まつりって呼ばれてて、また別物だよ。

北海道の雪像
はるまる

気の利いたお酌をする雪だるまも……ただ、自分下戸なもんで。

ぴちどん

店先の雪だるまはそれぞれのテーマを表現してるみたい。ここは酒屋さんかな。

北海道のスノーキャンドル
北海道のガラスキャンドル
はるまる

雪の壁をくり抜いて作ったスノーキャンドルも雰囲気抜群。

ぴちどん

冬眠するにはもってこいのかまくらだね。ここなら眠らない「穴持たず」も心置きなく寝られるはず。

はるまる

小樽ビールの瓶で作ったガラスキャンドルもまた素敵。これぞ雪で作る間接照明……ニトリもびっくりだ!

ぴちどん

雰囲気に酔ってしまうとはこのこと。真っ白な雪に火の色彩が反射して綺麗だね。

北海道の雪像
はるまる

さっきの雪だるまにも命が宿ったみたい。小樽のマシュマロマンここに爆誕。

ぴちどん

ゴーストバスターズ小樽支部があるならすぐにでも吸い取ってもらうのに……。

はるまる

辛辣!雪あかりの路が開かれるのは3日間、放っておいても悪さはしないよ。

ぴちどん

むしろお祭りを盛り上げてくれる太っ腹なキャストにギャラを払わないとね。

はるまる

手持ちがないからルタオのドゥーブルフロマージュで勘弁してください。

ぴちどん

いやん、最高じゃん。

EPISODE
超穴場のイルミネーション!光の玉の祭典
北海道の小樽運河
はるまる

寿司屋通りもこの通り。川に架かるイルミネーションが眩しいね。

ぴちどん

まさかイルミネーションまで見られるとは思ってなかったよ。これは穴場ね。

北海道の小樽運河
はるまる

光と氷と雪と電飾。写真じゃなかなか伝わらない美しさが凝縮されてる。

ぴちどん

こういう時はフィルムじゃなくて肉眼に焼き付けるのが一番だよ。

北海道の雪像
はるまる

ジブリ映画「となりのトトロ」より、森の妖精たちも駆けつけてくれました!

ぴちどん

日本で愛されるキャラクターに外国人観光客も大喜び。

はるまる

こりゃマシュマロマンの出る幕はないかもね。

ぴちどん

あれはあれで世界を代表とするキャラクターだと思うよ。

北海道の雪像
北海道の雪像
はるまる

ろうそくの火で溶けてしまった顔がちょっと怖い。見方次第では冬の百鬼夜行。

ぴちどん

トトロは都市伝説もあるもんね……実は怪物だった説とか。

はるまる

諸説あるけど、個人的にはこのろうそくの火のように「温かい家族の物語」であってほしいな。

ぴちどん

都市伝説なんて根も葉もないガセネタだしね。原則の通りに解釈するのが一番。

はるまる

……猫バスも迎えに来てくれたよ。

ぴちどん

このまま札幌まで送迎してもらおうか。

北海道のアイスキャンドル
はるまる

ここでは無造作に砕かれた氷塊すら立派なアイスキャンドルに大変身。

ぴちどん

魔法少女の変身シーンみたいにキラキラだね。

はるまる

あまりの眩しさに目がかじかんじゃいそうだよ。

ぴちどん

かじかむのは手足だけにしておいてよ。

北海道の雪像
北海道の雪像
はるまる

ハットをかぶった紳士な雪だるまも……まるで雪のキングスマン。

ぴちどん

雪の教会まであるよ。小人たちがここで愛の契りを交わすのかな?

北海道のガラスキャンドル
北海道のガラスキャンドル
北海道のガラスキャンドル
はるまる

頭に火を灯したお化けキャンドルまで出てきたや。世界一愛くるしい魑魅魍魎のドヤ顔に胸キュン。

ぴちどん

メタモン顔がたまらないね。小樽観光のお土産はこれで決まり!

EPISODE
光を灯す星と月の道!ぼんやり霞む夜の雪
北海道の小樽運河
はるまる

ここから雪あかりの路、いよいよ本番。

ぴちどん

まだ本番じゃなかったの?それにしても昼とは打って変わってとても静かだね。

北海道のガラスキャンドル
北海道のガラスキャンドル
はるまる

街園から散策路へ向かうと、ガラスキャンドルたちが雪道を照らしてくれてる。

ぴちどん

雪あかりの路は昔来たことあったはずだけど、数十年前とは雰囲気も違うね。

北海道のアイスキャンドル
北海道のアイスキャンドル
はるまる

花や葉が透けて見えるアイスキャンドル、色気すら感じる透け透けのスケルトン。

ぴちどん

氷の女王とか雪女とか、どこか「冷たさ=美しさ」のようなものを感じるよね。

北海道のスノーキャンドル
はるまる

氷点下の雪合戦では狂気の弾丸と化す雪玉も、ここでは優しい光のアート。

ぴちどん

子供の頃は雪玉を素手で溶かしてピカピカに仕上げたもんだけど、こんな使い道もあったのね。

はるまる

道産子が怯える恐怖の雪玉も、ここでは色んな意味で丸くなっちゃってるね。

ぴちどん

雪玉は人に向けて投げるものじゃなくて人を幸せにするもの。

北海道のアイスキャンドル
はるまる

……夜の雪、ド直球のメッセージ。

ぴちどん

ここには名言の書かれたプレートがいくつか展示されてるね。

北海道のアイスキャンドル
北海道のアイスキャンドル
はるまる

透明度98%の氷灯篭が綺麗。これでかき氷でも作って食べたら最高だね。

ぴちどん

小樽には有名洋菓子店や人気和菓子店があるからそっちで食べなよ!

北海道のスノーキャンドル
北海道のスノーキャンドル
はるまる

これぞ雪あかりの路というシンプルなスノーキャンドルも。

ぴちどん

雪あかりの路はやっぱりこのイメージ。昔ながらのバケツで作ったスノーキャンドルこそ「これ」って感じだよね。

北海道のスノーキャンドル
はるまる

雪の流れ星。瞬く間に消える流星群もここでは願い事唱え放題。

ぴちどん

星に願いを込めて……カイロをください!

北海道のスノーキャンドル
北海道のスノーキャンドル
はるまる

その昔、夏目漱石は「I love you」を「月が綺麗ですね」と訳したとか。

ぴちどん

天才小説家は言い回し1つ取っても粋というか何というか……。

はるまる

でも、確かに目の前に雪のような色々美人がいたら「月が綺麗ですね」くらいしか言えないよ。

ぴちどん

男女の色恋沙汰は多くを語る必要などなし。むしろ語るに落ちる、口は禍の元だよ。

北海道のスノーキャンドル
はるまる

さて、雪あかりの路もそろそろ終わり。

ぴちどん

あまり長居するとしもやけになりそうだから帰ろう。

EPISODE
白昼夢のように蘇る雪の妖精
北海道の雪像
はるまる

夜が明けた翌日、そこには新しく蘇った雪の妖精の姿が……。

ぴちどん

まさに雪の怪物……じゃなくて雪のお化け!いや、みんな大好きトトロ!

5.まとめ

今回は北海道にある小樽運河の観光情報、雪あかりの路の見どころをまとめました。

国内旅行で北海道を訪れるなら小樽運河がおすすめです。中でも雪あかりの路は見どころ満載なので、機会があればぜひ訪れてみてください。

この記事が「役立ったよ」「面白かったよ」という方はブックマーク&シェアしていただけると励みになります。SNSのフォローもお待ちしております♪

北海道の小樽運河

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

旅仲間・旅友とシェアしよう!
  • URLをコピーしました!
目次