【オーストラリア】パロネラパークの観光情報!ロワーリフレッシュメントルームズやキャッスルの見どころ

オーストラリアのパロネラパーク
  • URLをコピーしました!

オーストラリアの奥地にひっそりと佇む隠れた名所、それがパロネラパークです。そこは城に住むことを夢見たホゼ・パロネラによって建てられた場所で、ジブリ映画「天空の城ラピュタ」の遺跡や庭園を彷彿とさせる観光スポットです。

今回はオーストラリアにあるパロネラパークの観光情報をまとめます。ここでは概要・予算・時間・場所・気候・服装・治安・注意点の他、実際に訪れた管理人が厳選した見どころも紹介します。記事の最後には体験談もあるので、ぜひ海外旅行の計画にお役立てください。

はるまる

パロネラパークはロマンを積み上げて作った血と涙の結晶!

ぴちどん

この記事では「オーストラリアにあるパロネラパークの観光情報」「ロワーリフレッシュメントルームズやキャッスルの見どころ」をまとめるよ!

目次

1.パロネラパークの概要

オーストラリアのパロネラパーク

まずはパロネラパークの概要を見ていきましょう。

パロネラパークはこんなところ
  • 国:オーストラリア
  • 地域:メナクリーク
  • 特徴:世界遺産/遺跡/庭園
  • 目玉:ロワーリフレッシュメントルームズ/キャッスル
  • 方法:個人/ツアー
  • おすすめ度:

パロネラパークは苔むす遺跡と美しい庭園に囲まれた場所で、1930年代に移住したスペイン人ホゼ・パロネラが生涯を捧げて創り上げた夢の城です。

世界遺産の熱帯雨林に包まれたその姿はまさにロマン……黄昏に染まる哀愁には思わず胸を打たれてしまうほどで、ジブリ映画「天空の城ラピュタ」のようだと囁かれています。モデルになったという噂はスタジオジブリが否定しているものの、劇中に登場するようなノスタルジックな雰囲気が漂う観光スポットであることは確かです。

凛と佇む食堂や噴水の広場、苔むす古城、無数の滝からは当時の情熱すら伝わってきます。小さな頃から城に住むことを夢見た男の人生を賭した傑作……それこそがパロネラパークと言えるでしょう。

2004年には現地の優秀観光アトラクション賞やビジネス奨励賞を受賞しています。

周辺にはマンガリーフォールズや聖堂の樹もあります。

はるまる

オーストラリアを訪れるならパロネラパークは外せないね!

ぴちどん

ケアンズを拠点にするなら個人で行くよりツアーで行くのがおすすめだよ!

2.パロネラパークの観光情報

オーストラリアのパロネラパーク

次にパロネラパークの観光情報を見ていきましょう。

2-1.予算

パロネラパークの予算
  • 個人:数千円~1万円
  • ツアー:1万円~3万円
  • 予算総額:8万円~24万円

個人は自分での手配、ツアーは旅行会社での代行、予算総額はオーストラリア旅行全体(移動費・宿泊費・飲食費・観光費)にかかる目安となります。入場料は変動するので直近の情報を調べておくと安心です。

2-2.時間

パロネラパークの時間
  • 営業時間:9時00分~19時30分
  • 所要時間:30分~1時間
  • 必要期間:5日~10日

営業時間は開店から閉店、所要時間は到着から出発、必要期間は出国から帰国までにかかる目安となります。

2-3.場所

パロネラパークの場所
  • 場所:オーストラリア/メナクリーク
  • 住所:1671 Innisfail Japoon Rd, Mena Creek QLD 4871, Australia
  • 行き方:バス/タクシー/レンタカー/ツアー

場所と住所は所在地の目安となります。行き方は「ケアンズ⇒パロネラパーク」への一例であり、他の方法でもアクセスできます。直接向かうなら現地発着のツアーがおすすめです。

2-4.気候

パロネラパークの気候
  • 1月~3月:暑くて雨が降りやすい気候
  • 4月~6月:やや寒くて雨が降りやすい気候
  • 7月~9月:やや寒くて晴れやすい気候
  • 10月~12月:暑くてやや雨が降りやすい気候
  • ベストシーズン:6月~11月
平均最高気温最低気温降水量
1月31℃23℃465mm
2月31℃23℃570mm
3月30℃23℃630mm
4月28℃21℃410mm
5月26℃19℃305mm
6月24℃17℃195mm
7月24℃16℃165mm
8月25℃16℃115mm
9月27℃18℃80mm
10月28℃20℃110mm
11月29℃22℃180mm
12月31℃23℃280mm

2-5.服装

パロネラパークの服装
  • 1月~3月:薄手の服装
  • 4月~6月:体温調節できる服装
  • 7月~9月:体温調節できる服装
  • 10月~12月:薄手の服装
  • 持ち物:歩きやすい靴

2-6.治安

パロネラパークの治安
  • やや良い

オーストラリアは総じて治安が良く、旅の拠点となるケアンズも治安良好です。

2-7.注意点

パロネラパークの注意点
  • 拠点からの立地
  • 周辺の商業施設
  • 動植物への接触
  • 映画の誇大広告

2-7-1.拠点からの立地

パロネラパークは日帰りで観光可能です。ただ、ケアンズから片道1時間20分~2時間ほど、往復2時間40分~4時間ほどかかります。観光時間を含めると半日~終日はかかるので、余裕のある日程を組みましょう。

2-7-2.周辺の商業施設

パロネラパークの付近には目立った商業施設がありません。園内には博物館こそあるものの飲食店や宿泊施設はなく、ビジターセンターもギフトショップもありません。そのため、買い出しは最寄りの町で済ませておきたいです。

2-7-3.動植物への接触

パロネラパークには希少生物が暮らしているため、動植物への接触には気を付けたいです。この地域一帯は貴重な生態系を構成する生き物も生息しており、カモノハシなどの動物や樹齢数百年~数千年を超えるカウリなどの植物も分布しています。当然ながら許可なく捕まえたり摘んだりするのは重罪です。

2-7-4.映画の誇大広告

パロネラパークはジブリ映画「天空の城ラピュタ」を匂わせる誇大広告が出回っています。その過剰な宣伝文句も相まって、映画の世界が広がっていると勘違いしがちです。ただ、ジブリの世界とはまた別物です。舞台やロケ地となったわけでもありません。過度なキャッチコピーは鵜呑みにしないようにしましょう。

はるまる

観光情報は変更となる場合があることを加味しておきたいね。

ぴちどん

Googleマップの口コミを参考にするのもおすすめかも!

3.パロネラパークの見どころ

ここからはパロネラパークの見どころをまとめます。

オーストラリアのパロネラパーク

3-1.ロワーリフレッシュメントルームズ

おすすめ度:

苔むす食堂と噴水の広場。

オーストラリアのパロネラパーク

3-2.キャッスル

おすすめ度:

一途な夢を形にした古城。

オーストラリアのパロネラパーク

3-3.吊り橋

おすすめ度:

見晴らし抜群の吊り橋。

パロネラパークはロワーリフレッシュメントルームズやキャッスル、吊り橋など見どころ満載です。

長い年月の末に完成した庭園にはいくつもの遺跡が残っており、中でもロワーリフレッシュメントルームズには作り手の物語が刻まれています。無数の夢が詰まったキャッスルからも当時の賑わいが聞こえてくるかのようです。

ここは時に災害に見舞われ、時に不運に襲われ、時に存続の危機すら訪れた場所です。ただ、その逆境を乗り越えてきたからこそ今もここにある……まさに満身創痍の夢の跡地と言えるのではないでしょうか。

園内を見渡す吊り橋からの眺めが格別なのはもちろん、他にもカウリアベニューをはじめミーナの滝やローワの滝など見どころは尽きません。何より夢を具現化したパロネラパークはロマンそのものです。

はるまる

パロネラパークではロワーリフレッシュメントルームズとキャッスル、吊り橋が目玉!

ぴちどん

個人的にはロマンを感じずにはいられないキャッスルがおすすめ!

4.パロネラパークの体験談

最後に管理人が2015年6月に訪れたパロネラパークの体験談を記しておきます。等身大の海外旅行記としてお楽しみください。

EPISODE
天空ならぬ密林の城パロネラパーク
オーストラリアのパロネラパーク
はるまる

パロネラパークに到着……っていきなりマイナスイオンが凄まじい。

ぴちどん

城と苔が混然一体となった姿はまるで失われた文明を覗いてるかのようだね。

オーストラリアのパロネラパーク
オーストラリアのパロネラパーク
はるまる

ここはロワーリフレッシュメントルームズ。食堂と噴水が奏でる音に癒されるね。

ぴちどん

古代文明を匂わせる風格に圧倒されるよ。

はるまる

かつてはここで楽器による演奏会が開かれてたとか。

ぴちどん

当時のパロネラパークは社交場としても活用されてたのさ。

EPISODE
世界最古・世界遺産の森とカウリアベニュー
オーストラリアのパロネラパーク
はるまる

世界最古かつ世界遺産の熱帯雨林。見渡す限りのジャングル。

ぴちどん

目の前に広がる原始の密林は1億3,000万年前から続いているものなのだとか!

はるまる

南米アマゾンより8,000万年も古いって……恐るべし地球の底力。

ぴちどん

古代植物を含む約3,000種の草木が未だに残っているそうよ。

オーストラリアのパロネラパーク
はるまる

ここはカウリアベニュー!この巨木の並木道もパロネラパークならではの光景!

ぴちどん

カウリは樹齢数百年~数千年、高さ約60m、太さ約16mに及ぶとか。

はるまる

パロネラパークのものは樹齢80年~100年!いつか天空の城にも届くかも!

ぴちどん

何万年何億年経ってもこの場所が残ってると良いなぁ。

EPISODE
廃れた水力発電とミーナの滝
オーストラリアのパロネラパーク
はるまる

パロネラパークは完成当初、水力発電も搭載されていたそうな。

ぴちどん

今でも園内の電気を補ってるとか。でも、過去には土石流や洪水で数回倒壊したそうよ。

はるまる

ホゼ・パロネラが手放してからは完全に廃墟になってしまったそうで……。

ぴちどん

それからはエヴァンズ夫妻が買い取って観光地として売り出したみたい。

オーストラリアのパロネラパーク
はるまる

素敵な遺跡と庭園を守ってくれてありがとう……という気持ちを表した喜びの舞いを!

ぴちどん

2人ともおちゃらけた反動でミーナの滝に飲み込まれないようにね。

オーストラリアのパロネラパーク
はるまる

こんなところにキュートな家!もしかしてここにホゼ・パロネラが?!

ぴちどん

当時は住宅として使用されたみたいだけど、現在は博物館の一部として再利用されてるとか。

EPISODE
夕焼けに頬を染めるキャッスル
オーストラリアのパロネラパーク
はるまる

ここからの眺めが一番。生い茂る緑の中に佇む寂れた城が何とも言えない。

ぴちどん

これがキャッスルと呼ばれる場所かな。記念撮影するならここで決まりだね。

はるまる

……夕焼けに飲み込まれてゆく姿が美しい。

ぴちどん

これはノスタルジックな気分にどっぷり浸っちゃうね。

オーストラリアのパロネラパーク
はるまる

園内にはこんな吊り橋もあったりする。補強もしっかりしてて頑丈そう。

ぴちどん

ここからの景色もまた絶景!揺れに耐えられる人だけ進むべし!

はるまる

一気に数人乗ると結構揺れるね。高所恐怖症の方には無理かも。

ぴちどん

気持ち程度のフェンスはあるけど、自撮りに夢中で落ちないようにね。

オーストラリアのパロネラパーク
オーストラリアのパロネラパーク
はるまる

高台から園内を一望するとこんな感じ。夕焼けに燃える風景が映えるね。

ぴちどん

いつ見てもどこで見ても夕日は綺麗。夕焼けこそ世界最高の絶景職人なり。

オーストラリアのパロネラパーク
はるまる

マイナスイオンが五臓六腑に染みわたるね……吊り橋を渡るとこんな絶景も拝めて一石二鳥!

ぴちどん

どす黒く染まった心臓も一瞬で浄化されるくらい水がクリア。

はるまる

真っ白なハートを持つ僕には不要!透明度100%のガラスの心臓を持つ感動屋さんだからね。

ぴちどん

それ、意味変わってくるから……そろそろ冷えてきたし帰ろう?6月の南半球は寒いし!

オーストラリアのパロネラパーク
はるまる

最後にパロネラパークの看板で記念撮影。ちょっと地味だけどこれはこれで味があるね。

ぴちどん

パロネラパーク……あまり知られていないけど、思った以上に素敵な場所だったね。

EPISODE
マンガリーフォールズで夕食!聖堂の樹の儀式
オーストラリアのマンガリーフォールズ
はるまる

夕食はマンガリーフォールズにていただきます!

ぴちどん

滝を眺めながらの夕食ってのもなかなか乙だよね。

オーストラリアの食べ物
はるまる

本日のメニューは「包み焼きハンバーグ~マイナスイオンを添えて~」でございます。

ぴちどん

ご飯はカピカピ、野菜はパサパサ……逆にハンバーグはジューシー!水分全部ハンバーグに奪われたんかってくらいに。

オーストラリアのカテドラルフィグツリー
はるまる

神よ……我に健康的な体と心を与えたまえ!

ぴちどん

いや、切実な願い!!!

はるまる

ここは聖堂の樹と呼ばれるカテドラルフィグツリーの中。

ぴちどん

えっ……ここって木の中なの?!

はるまる

聖堂の樹はその名の通り、中が空洞になっていて教会のように見えることからそう呼ばれてるんだとか。

ぴちどん

あぁ、それで変な儀式してたのね。

オーストラリアのカテドラルフィグツリー
はるまる

夜のジャングルで眺める聖堂の樹はなかなかの迫力。

ぴちどん

ライトアップとかはされてないんだね。

はるまる

そりゃ、この近くでは土ボタルも見られるからさ、照明器具なんていらないのさ。

ぴちどん

いや、だとしてもフラッシュないと真っ暗で何も見えないよ!

オーストラリアのカテドラルフィグツリー
はるまる

最後はカテドラルフィグツリーの看板の前で記念写真。

ぴちどん

もう疲れて2人とも顔が死んでるや。

はるまる

ここまでノンストップで観光してきたからね。そりゃ眼の光も失うってもんさ。

ぴちどん

……もうちょっと聖堂の樹で休んでけば?笑

5.まとめ

今回はオーストラリアにあるパロネラパークの観光情報、ロワーリフレッシュメントルームズやキャッスルの見どころをまとめました。

海外旅行でオーストラリアを訪れるならパロネラパークがおすすめです。中でもロワーリフレッシュメントルームズやキャッスルは見どころ満載なので、機会があればぜひ訪れてみてください。

この記事が「役立ったよ」「面白かったよ」という方はブックマーク&シェアしていただけると励みになります。SNSのフォローもお待ちしております♪

オーストラリアのパロネラパーク

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

旅仲間・旅友とシェアしよう!
  • URLをコピーしました!
目次