【アメリカ】ルート66の観光情報!キングマンやセリグマンの見どころ

アメリカのルート66マーク
  • URLをコピーしました!

アメリカロードトリップを彩る旧国道、それがルート66です。そこは世界中のドライブ好き憧れの地として知られ、1985年の廃線以降も数々の旅人を魅了する場所となっています。果てしなく続く荒野の一本道は人生で一度は走ってみたい観光スポットと言えるでしょう。

今回はアメリカにあるルート66の観光情報をまとめます。ここでは概要・予算・時間・場所・気候・服装・治安・注意点の他、実際に訪れた管理人が厳選した見どころも紹介します。記事の最後には体験談もあるので、ぜひ旅行計画にお役立てください。

はるまる

ルート66は古き良きアメリカの町が残る旧国道!

ぴちどん

この記事では「アメリカにあるルート66の観光情報」「キングマンやセリグマンの見どころ」をまとめるよ!

目次

1.ルート66の概要

アメリカのセリグマン

まずはルート66の概要を見ていきましょう。

ルート66はこんなところ
  • 国:アメリカ
  • 地域:アリゾナ
  • 特徴:道
  • 目玉:キングマン/セリグマン
  • 方法:個人/ツアー
  • おすすめ度:

ルート66は世界中のロードトリッパーが憧れる旧国道で、古き良きアメリカの原風景が残る道路の1つです。数々の映画や音楽の題材にされてきたルート66は全米で最も名の知れた観光スポットの1つで、ディズニー/ピクサー映画「カーズ」の舞台となったことでも知られています。

1926年に国道に指定、全長3,755kmとアメリカ大陸を横断するほどの長さだったこともあり、西海岸の発展に大きく貢献した道路としても有名です。実際にかつては8つの州をまたいでいたとされています。

  1. アリゾナ州
  2. イリノイ州
  3. オクラホマ州
  4. カリフォルニア州
  5. カンザス州
  6. テキサス州
  7. ニューメキシコ州
  8. ミズーリ州

ただ、州間高速道路の発達により1985年に廃線、以降は廃れた町が残る旧国道となりました。

それでもルート66は映画や音楽などポップカルチャーの題材にされるなど、古き良きアメリカの面影を残す道路として人気を集めています。かつては「ウィル・ロジャースハイウェイ」や「グレートダイアゴナルウェイ」「マザーロード」「メインストリートオブアメリカ」などとも呼ばれ、現地の人々から親しまれていたそうです。

今でもルート66でドライブを楽しむ観光客・旅行者は後を絶ちません!

アメリカロードトリップに欠かせない旧国道の1つと言えるでしょう。

はるまる

アメリカを訪れるならルート66は外せないね!

ぴちどん

ラスベガスを拠点にするなら個人で行くのもツアーで行くのもおすすめだよ!

2.ルート66の観光情報

アメリカのオートマン

次にルート66の観光情報を見ていきましょう。

2-1.予算

ルート66の予算
  • 個人:数千円~1万円
  • ツアー:1万円~3万円
  • 予算総額:10万円~30万円

個人は自分での手配、ツアーは旅行会社での代行、予算総額はアメリカ旅行全体(移動費・宿泊費・飲食費・観光費)にかかる目安となります。入場料はかかりません。

2-2.時間

ルート66の時間
  • 営業時間:24時間
  • 所要時間:2時間~3時間
  • 必要期間:5日~15日

営業時間は開店から閉店、所要時間は到着から出発、必要期間は出国から帰国までにかかる目安となります。

2-3.場所

ルート66の場所
  • 場所:アメリカ/アリゾナ
  • 住所:Arizona 86337, USA
  • 行き方:バス/タクシー/レンタカー/ツアー

場所と住所は所在地の目安となります。行き方は「ラスベガス⇒ルート66」への一例であり、他の方法でもアクセスできます。直接向かうなら現地発着のツアーがおすすめです。

2-4.気候

ルート66の気候
  • 1月~3月:寒くて晴れやすい気候
  • 4月~6月:暑くて晴れやすい気候
  • 7月~9月:暑くて晴れやすい気候
  • 10月~12月:寒くて晴れやすい気候
  • ベストシーズン:4月~5月/9月~10月
平均最高気温最低気温降水量
1月11℃-5℃30mm
2月13℃-4℃25mm
3月17℃-2℃25mm
4月21℃0℃15mm
5月25℃4℃10mm
6月31℃9℃5mm
7月33℃13℃55mm
8月32℃13℃55mm
9月29℃9℃30mm
10月23℃3℃25mm
11月16℃-2℃20mm
12月12℃-5℃20mm

2-5.服装

ルート66の服装
  • 1月~3月:厚手の服装
  • 4月~6月:体温調節できる服装
  • 7月~9月:体温調節できる服装
  • 10月~12月:厚手の服装
  • 持ち物:歩きやすい靴

2-6.治安

ルート66の治安
  • やや良い

アメリカは総じて治安が悪いものの、旅の拠点となるラスベガスは治安良好です。

2-7.注意点

ルート66の注意点
  • 拠点からの立地
  • 居眠り運転
  • 飲酒運転
  • 極端な操作
  • 信号の勘違い
  • 走行車線の間違い
  • 路上駐車

2-7-1.拠点からの立地

ルート66は日帰りで観光可能です。ただ、ラスベガスから片道1時間35分~2時間10分ほど、往復3時間10分~4時間20分ほどかかります。観光時間を含めると半日~終日はかかるので、余裕のある日程を組みましょう。

2-7-2.居眠り運転

ルート66は代わり映えしない道が続くため、運転中に眠くなることがあります。走行中に寝てしまうと交通事故を起こすだけでなく最悪の場合は命を落とすので、ドライブ中は十分な休息・仮眠を確保するなど体調管理が重要です。

2-7-3.飲酒運転

ルート66に限らず、飲酒運転は厳禁です。ロードトリップに最適なルート66ですが、お酒を飲みながら運転するのは言語道断。見つかれば警察に逮捕されるだけでなく最悪の場合は他人に怪我を負わせることもあるかもしれません。そのため、お酒を飲んだ日は絶対に運転しないでください。

2-7-4.極端な操作

ルート66では、極端な操作も厳禁です。急アクセルや急ハンドル、急ブレーキは事故の元。ルート66は道路の舗装が劣化している箇所もあり、急激な操作によって車体がスリップしたりバウンドしたりすることもあります。くれぐれも運転の際は安全確認した上で操作しましょう。

2-7-5.信号の勘違い

アメリカでは日本と同じく「赤信号=止まれ」「青信号=進め」ですが、アメリカでは一時停止して歩行者がいなければ右折可能となっています。逆に勘違いしたまま赤信号から青信号になるのを待っているとクラクションを鳴らされるため、注意が必要です。

一方で一部区間は右折禁止になっている場合もあるので、外国での運転に慣れていない方は困惑するかも知れません。

2-7-6.走行車線の間違い

アメリカは原則「右側通行」となっています。日本は原則「左側通行」であるため、走行車線は完全に真逆です。当然ながら走行車線の反対側を走っていると交通違反となるので、十分に注意しましょう。

2-7-7.路上駐車

アメリカでは路上駐車が禁止されています。ルート66沿いにある田舎町では路上駐車している光景もよく目にしますが、街中での路上駐車は罰金の対象です。旧国道では「路上駐車で逮捕された」という話も稀ですが、許可なく路上駐車するのは厳禁と覚えておきましょう。

はるまる

観光情報は変更となる場合があることを加味しておきたいね。

ぴちどん

Googleマップの口コミを参考にするのもおすすめかも!

3.ルート66の見どころ

ここからはルート66の見どころをまとめます。

アメリカのセリグマン

3-1.キングマン

おすすめ度:

ルート66博物館がある町。

アメリカのセリグマン

3-2.セリグマン

おすすめ度:

映画の舞台となった町。

アメリカのオートマン

3-3.オートマン

おすすめ度:

西部劇が開催される町。

アメリカのルート66マーク

3-4.ルート66マーク

おすすめ度:

旧国道を象徴するサイン。

ルート66はキングマンやセリグマン、オートマンやルート66マークなど見どころ満載です。

旧国道沿いにはアメリカの原風景にも似た田舎町が点在しており、古き良きアメリカを感じさせるキングマンやセリグマン、オートマンはドライブ好き必見の町と言えます。特にディズニー/ピクサー映画「カーズ」に登場する架空の町、ラジエータースプリングスのモデルとなったセリグマンは一見の価値ありと言えるでしょう。

セリグマンはルート66で最も名の知れた町の1つで、寂れた旧車たちが眠る町として知られています。ガソリンスタンドやギフトショップ、ビジターセンターに佇むオールドカーは哀愁たっぷり……さながら“天井のない自動車博物館”です。

セリグマン以外にもルート66の道中、ボロボロに錆びたアンティークカーやヴィンテージカーがあって飽きません。町によっては西部開拓時代のクラシックカーやヒストリックカーまであるなど旧車の宝庫と言っても過言ではないでしょう。

はるまる

ルート66ではキングマンとセリグマン、オートマンとルート66マークが目玉!

ぴちどん

個人的には記念写真にもぴったりなルート66マークがおすすめ!

4.ルート66の体験談

最後に管理人が2016年2月に訪れたルート66の体験談を記しておきます。等身大の海外旅行記としてお楽しみください。

EPISODE
ドライブにぴったりな旧国道!ルート66
アメリカのセリグマン
はるまる

ルート66に到着……というよりドライブ中!

ぴちどん

休憩で立ち寄ったこの田舎町はアトランティックアンドパシフィック鉄道の開通によって発展したキングマン。

はるまる

ラスベガスから国道93号線を抜けると最初に見えてくるルート66の町。中心市街地にはルート66博物館もあるんだってね!

ぴちどん

すでにレトロカーがいっぱい並んでて“渋かわいい”よ。

アメリカのセリグマン
はるまる

キャンピングカーにトレーラーハウスまである。

ぴちどん

かつてキングマンは交通の要衝だったこともあって、今でも現地の人々のドライブコースになってるみたい。

はるまる

ここからグランドキャニオン国立公園へ向けてさらに東に進むよ!

ぴちどん

いよいよ誰もが知るあの世界遺産へ向かうんだね!

アメリカのカフェ
はるまる

キングマンから東へ約1時間~2時間。到着したのはルート66で最も名の知れたクルーザーズルート66カフェ。

ぴちどん

ルート66のカフェで一番有名な店かもしれないね。

はるまる

ステーキをはじめサンドイッチやハンバーガーなど「ザ・アメリカン」な料理が味わえる人気店だよ。

ぴちどん

アメリカの映画やドラマに出てきそうなキュートな内装も70年代~80年代を彷彿とさせるポップな外観も必見!

アメリカのウィリアムズ
はるまる

さらに東へ進むこと数十分。到着したのはウィリアムズ……これまたアメリカンな街並みが広がってておしゃれ。

ぴちどん

レトロな雰囲気がたまらないよね。ここから国道64号線に入れば、いよいよグランドキャニオン国立公園が見えてくるよ。

はるまる

でも、今回はルート66の記事だからグランドキャニオンの観光情報は割愛。気になる人は別記事を見てみてね!

ぴちどん

いきなりメタ発言やめて!

はるまる

……この後、僕らはグランドキャニオン国立公園を含むグランドサークルのドライブを満喫するのだった。

ぴちどん

そして回想やめて!

EPISODE
映画「カーズ」の舞台!セリグマン
アメリカのセリグマン
はるまる

グランドサークルをぐるっと回って再びルート66をひた走る。やってきたのはディズニー映画「カーズ」の舞台となったセリグマン。

ぴちどん

劇中のラジエータースプリングスという田舎町がセリグマンをモデルにしたって話だよね。

はるまる

んで、ここはそんなセリグマンにあるエンジェルさんの店!

ぴちどん

ここはもともと理髪店だったものがギフトショップ&ビジターセンターになったんだってさ。芸能人とかも訪れてるみたい。

アメリカのセリグマン
アメリカのセリグマン
はるまる

外に出ると「ROUTE 66」の文字が至る所にある。

ぴちどん

旧国道66号線の名残。アンティークかつヴィンテージな雰囲気が最高。

アメリカのセリグマン
アメリカのセリグマン
はるまる

今は使われていないであろうスタンドにもクラシックカーやヒストリックカーがびっしり。もう全部かわいい。

ぴちどん

フロントガラスに目玉がある子もいて、まさしく「カーズ」のモデルになったんだって感じがする。

アメリカのセリグマン
はるまる

ここにも旧車があるけど、これは現役っぽい。

ぴちどん

それでも年式としてはかなり古そうだよ。もしかしたら70年代~80年代の車かもしれない。いや、それよりもっと古いかもね。

アメリカのセリグマン
はるまる

セリグマンの街並みはこんな感じ。西部劇チックで超アメリカン。

ぴちどん

語彙力がエンストしてんのかってくらい月並みな表現になっちゃうけど「これぞ古き良きアメリカ」って感じの街並みだよね。

はるまる

人もたくさんいる……と思ったらマネキンだった!

ぴちどん

んん~!何とも言えない世界観。

アメリカのセリグマン
はるまる

同じ旅路を行く仲間で写真を撮るのも乙なもの。

ぴちどん

みんな後ろ姿だけど、これはこれで絵になるなぁ!

アメリカのセリグマン
はるまる

ここはセリグマンで最もルート66に乗っかった店!笑

ぴちどん

ルート66の歴史や雑貨が見られるだけじゃなくて、コーヒーとかもあるみたい。店の前にある車のオブジェもおしゃれ。

はるまる

日本語表記もあるってことは案外日本人も来るのかな?

ぴちどん

むしろ現地の人々は新しい国道を通るだろうし、わざわざルート66を通るのは相当なドライブ好きだけじゃないかな。

はるまる

アメリカにも廃れていく町が数え切れないほどあるんだね。

ぴちどん

人が立ち寄らなくなった町はどんどん荒廃していくから……切ないけどこればかりは仕方ないよ。

EPISODE
荒野を駆ける!オールドカーの墓場
アメリカの廃墟
はるまる

荒野のドライブはまだまだ終わらない。

ぴちどん

続いて見えてきたのは寂れた錆色の街。

アメリカの車
アメリカの車
はるまる

ここにもオールドカーがある……けど、どれもボロボロに錆びてて「もう走れない」って言ってるや。

ぴちどん

今は旧国道66号線の飾りとして置かれてるだけ。それでもこの子たちがいるだけでアメリカって感じがする。

アメリカの車
はるまる

こっちに至ってはもう西部劇の世界。

ぴちどん

街並みも西部開拓時代から変わっていないんじゃないかってくらいレトリーでラブリー。大きなサボテンもかわいい。

アメリカの道
はるまる

割れたアスファルト。

ぴちどん

この道をずっと走って来たんだね。

アメリカの車
はるまる

引退した廃車のパトカー。今でもこの町の無法者を見張ってるのかな。

ぴちどん

こんなところに無法者はあんまりいないと思うけど。

はるまる

いや、もしかしたら映画「マッドマックス」に出てくるようなやばい奴らがいるかもしれない。

ぴちどん

あんなのいたらそれこそ世紀末だよ。

アメリカのフェンス
アメリカの車
はるまる

ほら「マッドマックス」みたいな頭蓋骨もあるじゃん。

ぴちどん

これはいくら言っても直らない違法駐車に怒った店主が「駐車禁止」を訴えてるだけのことだと思う。

アメリカの車
はるまる

ルパンが乗ってそうな車まであった。

ぴちどん

荒野にひっそりと佇む廃車の数々は旧車を愛する人にとってはたまらないはず。景色も相まってシネマティック。

アメリカの廃墟
はるまる

あっちも錆び錆びこっちも錆び錆び。もうどこもかしこもわびさび。

ぴちどん

どちらかというとチェーンソー持った殺人鬼が襲ってきそうな雰囲気じゃない?スプラッター映画さながらの。

はるまる

ホラー映画にはフレディだのジェイソンだの大男が出てくるけど、一番怖いのはやっぱりババ・ソーヤーだよね。

ぴちどん

映画好きしか知らないレザーフェイスの話しないで!

はるまる

え?アメリカを旅するからには映画に出てくる殺人鬼の名前の1つや2つは知ってて当然でしょ?

ぴちどん

何その峠道ばりに曲がりくねった偏見。

EPISODE
血染めのハイウェイ!オートマン
アメリカのシットグリーブス峠
はるまる

ここ、現地では「血染めのハイウェイ」と呼ばれてるとか。

ぴちどん

……本当に世紀末映画みたいな場所に来ちゃった。

はるまる

この峠は古くから急カーブの連続だったことから、転落事故に遭う人が後を絶たなかったそうで。

ぴちどん

だから十字架だらけなんだ……これはさすがに弄っちゃいけないな。

アメリカの動物
アメリカのオートマン
はるまる

……っと気分がちょっと滅入ったところで、やってきたのはルート66でもほとんど知られていないオートマンという田舎町。

ぴちどん

西部劇のような街並みが激渋。

はるまる

アメリカでは西部劇マニアの間で知られた町らしいけど、日本人で知ってる人はほとんどいないんじゃないかな。

ぴちどん

「NO PARKING」の看板にヤギが群がってたりするのどかな町。

アメリカの人
アメリカの人
はるまる

おわっ!突然「バンッ」という発砲音が聞こえたと思ったら、突然街中で西部劇が始まった!

ぴちどん

アメリカで銃声とか……心臓飛び出るかと思ったよ!

はるまる

本当、物騒な世の中だからね。思わず“伏せ”するところだった。

ぴちどん

いつから犬になったの?

はるまる

誰が「ギャングの犬」やねん!

ぴちどん

いや、そっちの犬じゃないから。まぁでも、ストーリーは勧善懲悪で見てる分には結構面白いかも。

アメリカの人
アメリカの人
はるまる

ガンマンから現金を強奪するヴィラン。悪役の人も完全にヴィランに徹しててかっこいい。

ぴちどん

……正義の人、やられちゃった。

アメリカの人
はるまる

……と思ったら白髪に白髭のイケオジガンマンが悪党を退治。これには思わず観客の歓声が上がる。

ぴちどん

オートマンではこんな西部劇が日夜行われてるのかな。だとしたらなんて素敵な町なんだろう。

アメリカのオートマン
はるまる

建物からして西部劇の世界だもんね。

ぴちどん

お土産屋さんが立ち並んでいるところを見ると、アメリカ人には名の知れた観光地だったりするのかな。

アメリカのオートマン
はるまる

見た目は本当に西部劇の世界そのもの。

ぴちどん

実際に西部開拓時代の面影が感じられてノスタルジックな気分になってくるよね。

アメリカのオートマン
はるまる

おしゃれな飾りもあったりなかったり。

ぴちどん

ルート66にはアメリカらしい町が色々とあるけど、本当の意味で古き良きアメリカを体験するならオートマンがおすすめかも。

はるまる

ただ、あまり知られてない町だから、みんなに知られるのは……。

ぴちどん

それは無駄な心配だよ!このブログ……影響力ないから!笑

はるまる

悔しいけど事実だから反論できない!

ぴちどん

いや、そこは頑張って反論してよ!このブログ……一部の読者さんには見てもらってるんだからさ。

EPISODE
誰もが知るロゴ!ルート66マーク
アメリカのルート66マーク
はるまる

アメリカ旅の最後にやってきたのは、ルート66を走ってきた者だけに与えられる勲章……その名もルート66マーク!

ぴちどん

日本でもアメリカ系の飲食店でこの手のロゴを見かけるけど、実際に行ったことがある人はどれくらいいるんだろう。

はるまる

それはわからない!でも、確かに言えること……それは「ルート66はみんなの心の中にある」ってこと!

ぴちどん

また訳のわからないことを……!

はるまる

僕も心の中にルート66を

ぴちどん

人生の道標的なこと?

アメリカの列車
はるまる

向こうから貨物列車がやってきた!

ぴちどん

手を振ると「ポッポー」って汽笛を鳴らしてくれる粋な計らい。仕事中でも遊び心を忘れないアメリカの人好き。

はるまる

そう、みんな真面目すぎるんだよね。仕事も遊び感覚でやらないと疲れちゃう。このブログだって遊び心で書いてるだけだしさ。

ぴちどん

それで、今回のアメリカ旅はどうでした?

はるまる

もう最高って言葉しか見つからない。一緒にロードトリップできた仲間にも感謝だし、グランドサークルで見た絶景にも感謝。

ぴちどん

ラスベガスをはじめ、グランドキャニオン国立公園にモニュメントバレー、ホースシューベンドにアンテロープキャニオン、そしてセドナ……どれも感動の連続だったよね!

はるまる

うん!旅の舞台にぴったり!たぶん、僕の人生、これからもアメリカを何度も訪れる気がする!そんな予感がする!

ぴちどん

これからもルート66を心のコンパスにして旅を続けよう。

5.まとめ

今回はアメリカにあるルート66の観光情報、キングマンやセリグマンの見どころをまとめました。

海外旅行でアメリカを訪れるならルート66がおすすめです。中でもキングマンやセリグマンは見どころ満載なので、機会があればぜひ訪れてみてください。

この記事が「役立ったよ」「面白かったよ」という方はブックマーク&シェアしていただけると励みになります。SNSのフォローもお待ちしております♪

アメリカのルート66マーク

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

旅仲間・旅友とシェアしよう!
  • URLをコピーしました!
目次